FC2ブログ

No Place Like Home - The Concert

Category : リリース情報
banner02.jpg

オーダーはこちら:
https://www.hfmcband.com/shop
https://www.burningshed.com/store/glassvillerecords/

国内通販が良ければこちら:
http://diskunion.net/progre/ct/list/0/72304835

Slottsskogen Goes Progressive 18

Category : ツアー/ライブ
8月18日、Göteborgで行われたプログレフェスSlottsskogen Goes Progressive 18にHFMCが参加しました。

sgoteborg.jpg
photo from HFMC's facebook


セットリストはこちら。:
Final Hour
Everything Can Change
Chasing a Dream
I Wouldn't Change a Thing / What If God is Alone / Stardust We Are
Pages
Something Worth Dying For
Godsong
Can't Stop the Clock

Encore
Song for July

フェスのオフィシャルサイトに、写真がアップされています。

あ〜"Chasing a Dream"は羨ましいなぁ。

JJ Marsh、GHとステージに立つ

Category : ニュース
Bridge To Marsのデビューアルバム「Bridge To Mars」(2016)のリリース以降、活動をしていたのかもよくわからなかったJJ Marshですが、7月6日、イタリアのポルデノーネ(ベネチアの北東にある街)で行われたPordenone Blues Festivalで、Glenn Hughesと共にステージに立ちました。もしかして10年ぶりくらいになるのでは?

ライブ前日の7月5日、JJは自分のfacebook



Ok friends, on my way to Italy for the first show in a long long time with my Brother Glenn Hughes!! Now,,, this is it,, watch out!, the magic of the color Purple is coming your way!

と書き込んでいました。私はてっきりゲスト参加するものだと思っていました。というのは、Glennは2015年にDoug Aldrichと一緒に来日していますが、それ以降はSoren Andersenというギタリストと活動を共にしていて、彼はソロアルバム「Resonate」(2016)でも演奏しています(これ、良いアルバムだよ!)。ここのところGlennはDeep Purpleの曲を演奏するライブを盛んに行っていて、もちろん最近までSorenがツアーに同行していました。

なのに、どうしたんだろう?Sorenのスケジュールの都合なのか、病気か事故に遭ったのか、はたまたクビ切られたのか?
JJはこれから先もGlennと活動するのか、ただの助っ人なのか?


JJがGlennと活動を再開してくれたらとても嬉しいです。今でもGHの右腕にふさわしいのはJJだと思ってるし、海外のGlennファンも割と嬉しそうです(日本と比べると、JJ Marshの存在はちゃんと認められているのです)。

嬉しいのですが・・・。

私はJJのミュージシャンとしての才能を全面的に信じているけど、Bridge To Marsがいきなり活動を止めてしまうなど、ちょっと安定感がない人だし、嬉しいより心配の方が大きいのですよ・・・。

Pordenone Blues Festivalのfacebookにいくつか動画がアップされていますのでリンクを貼ります。

Stormbringer
https://www.facebook.com/PORDENONEBLUES/videos/1861580717197981/

Burn
https://www.facebook.com/PORDENONEBLUES/videos/1861663137189739/

Smoke on the Water
https://www.facebook.com/PORDENONEBLUES/videos/1861647577191295/


余談ですが、Bridge To MarsのドラマーだったThomas Bromanは、BTMの辞めた後、セッション活動をしつつThree Seasons Musicというトリオバンドで活動しています。BTMと音楽性は近いですが、もう少しシンプルで古ロック色強いです。

最近のHFMC

Category : ニュース
まず一つ目。Hasse Fröberg and Musical CompanionのライブDVD/アルバム「No Place Like Home」がSpotifyで聴けるようになったそうです。管理人はストリーミングで音楽を聴ける環境がないのですけど、利用している方はどうぞ。




二つ目。HFMCは秋にリリースされる予定の4枚目のアルバム制作中。先日、アルバムに使われるであろう写真の撮影が行われました。バンドのfacebookにメイク中のThomssonの写真があがっています。

thomsson_m.jpg


メイクを施している女性はTallee Savageという人で、ヘアメイクと共に写真家としても活躍しています。Mickeal ShenkerやEuropeのアーティスト写真も手掛けており、オフィシャルサイトで彼女の作品が見ることができます。バンドやミュージシャンの他にも、自身がいろんなコスプレで写真に写っていたり、独特な世界観があります。(ちょっと叶姉妹を思い出した…いやでも素晴らしい体型ですねぇ(^^;))

でもおそらく、スウェーデン国内では「Yngwie J. Malmsteenの元カノ」として有名かも知れません。彼女の名前と" Yngwie"でググれば記事が簡単に見つかりますので、興味のある人は検索してみてください。

HFMCの写真はどんな仕上がりになったんでしょう? なんだかイケイケな皆さんです(笑)。


(写真に添付されてる文章は:
HFMC - (Hasse Fröberg & Musical Companion)
I've knows three of these guys for over 30 years. Haven't seen them for a while ... but when we met yesterday for a photo shoot for their fourth studio album, it was like time had stood still. Great friends! Please take a minute and listen to their music (two links below). Great progressive rockband!!!
Can't stop the clock: https://www.youtube.com/watch?v=0pbch20RYis
Chasing a dream: https://www.youtube.com/watch?v=u1jjas3-t7w

Parksnäckan

Category : ツアー/ライブ
park.jpg


前回Göteborgのライブをお知らせしましたが、HFMCは地元Uppsalaでのライブも決まりました。8月25日、Parksnäckanというイベントの一環で開催される「Uppsala Progressive Folk & Rock Festival」に出演します。ラインナップは:
Hasse Fröberg Musical Companion
Our Solar System
Rikard Sjöblom’s Gungfly
Manticore
Matti Andersson & Nils Erik Sparf minns Lars Hollmer
イベントについてはここで告知されていますがスウェーデン語です(^^;)

個人的にはLars Hollmerの名前が出ていると非常に気になりますね。このMatti AnderssonとNils-Erik Sparfのデュオは、去年の10月に「Utflykt med Damcykel」というトリビュートアルバムをリリースしています。バンド編成じゃないとダイナミクスが再現できないような曲にも挑戦しています。YouTubeで聴くことができますよ。

Göteborgのライブは無料ですが、こちらはチケット代がかかります。サービスが何のことかは分かりません。
大人: 290 kr + service
子供(3歳-12歳): 145 kr + service

Uppsala中央駅から徒歩10分くらいにある公園・Stadsträdgårdenで行われます。
nackan.jpg

Slottsskogen Goes Progressiv 2018

Category : ツアー/ライブ
Hasse Fröberg and Musical Companionは、8月18日Göteborgで開催されるSlottsskogen Goes Progressiv 2018に出演することが決まりました。インフォはこちら。(スウェーデン語)

SlottsskogenはGöteborgの街中にある大きな公園で、動物園なんかもあるようです。管理人は大昔に一度、ランチを食べに入ったことがありますが、広すぎて全容が分かりませんでした(^^;)。Göteborg駅から出ているトラムで行くことができます。
https://www.goteborg.com/en/slottsskogen/(英語)

一方、HFMCは4枚目となるアルバムをレコーディング中。リズムトラックの編集をしているという書き込みがありました。ニューアルバムは今年の夏頃に出る予定ですがいかに?(いつも予定通りにいかないじゃーん(^^;))



本文が見えないかもしれないので、コピペしておきます;
Editing drum/bass tracks with editing maestro Kjell Sandberg! It’s coming together really nice!

adventure

Category : Hasse's Blog
先日Hasseのfacebookに、4枚目のアルバムの制作状況がアップされていました。順調に進んでいるようです(^^)

sCJ.jpg
photo by Claes Jansson

This week reminded me of why I love music so much. Tracking keys with Kjellvete is always an adventure and this time even more so. On our previous recordings the plan was to not overdo the production but since this is the fourth studio album we're working on, I decided we need a new strategy. This means no thinking about tomorrow, no thinking about future gigs. This time it's a whole new ball game as we're going all in or maybe I should say beyond all in, now that we're doing the keys.

The level of ambition and creativity at Kjells Angels Studios has just as I said, frankly been very high for the last three days, resulting in a much more detailed soundscape. At the end of the day this will of course require a more detailed mix than before and that is something I look forward to immensely. Hmmm...guess there's still along way to go before it's time for that but hey, when you have this tingeling feeling of inspiration inside of you, you want to tell the whole world about it.

From one thing to another. This photo with Kjell in the "centre" for the sake of unusuality, was taken by Claes Jansson at de Boerderij in Zoetermeer in The Netherlands. Guess it's just Rock`n´Roll or maybe I should say music after all.

-----------
今週は、どうして自分がこんなにも音楽を愛しているのかを思い出させてくれたよ。Kjell (Haraldsson)とキーボードパートを録音することは、いつもワクワクするような体験だし、今回はいつも以上にそうだった。僕たちの以前のレコーディングでは、あまりプロダクションをやり過ぎないという計画だったけど、僕たちが取り組んでいるこれは、4枚目のスタジオアルバムなので、新しい戦略が必要だと確信した。つまり、明日について考えないとか、将来のギグについて考えない、ということだ。今回は僕たちが全力投球している程の、いやそれ以上と言ってもいい程の新しい事態なんだ。こうやって今キーボード録りをしているんだからね。

Kjells Angelsスタジオでの野心と創造性のレベルは、さっき話したけど、ここ3日間は正直とても高いレベルに行っていて、より複雑多岐な音風景をもたらしたよ。その日の終わりには、もちろん、これにはもっと綿密なmixが必要だろうけど、とってもすごく楽しみなシロモノになった。んー、その時が来るまでまだ道は途中だけれど、でもさ、君の中のインスピレーションがピリピリとうずいてる時、それについてあちこちに話したくなるよね。

話は変わるけど。その異才ゆえにKjellが中心にいるこの写真は、オランダはZoetermeerにあるDe Boerderijで、Claes Janssonによって撮影されたものだ。それがロックンロールだと思うし、結局のところ、音楽なんだと言うべきかな。

Thanks to Izumi and T-Max
プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる