FC2ブログ

No Place Like Home - The Concert

Category : リリース情報
banner02.jpg

オーダーはこちら:
https://www.hfmcband.com/shop
https://www.burningshed.com/store/glassvillerecords/

国内通販が良ければこちら:
http://diskunion.net/progre/ct/list/0/72304835

最近の動向

Category : ツアー/ライブ
ただいまHasse FröbergがThe Flower Kings Revisited(南米は単独、欧州はSpock’s Beardと一緒)のツアーに参加しているため、HFMCの新作の制作はストップしています。バンマスが留守の間にOlaとAntonがギターのレコーディングをしたりと、完全に止まっているわけではなさそうですが。あ、ちなみにOlaは、TFK Revisited欧州ツアーにスタッフとして同行しています。


(Ola and Anton doing some serious work adding twelve string guitar for the upcoming album.)

一方、JJ Marshに動きがありました。来年の1月、イタリアでライブをやります。インフォがイタリア語なので、Google翻訳経由で読みました。JJが単身イタリアに入り、現地のバンドと共演する形になるみたいです。詳しくはこちら
Glenn Hughesと彼が共作した曲をはじめ、DPやZep、Rainbowなど、その辺のクラシックロックを演奏する予定です。

sJJ_italy.jpg

hint

Category : Hasse's Blog
I'm just about to leave for a week of TFK Revisited rehearsals before the tour starts next week. This means I won't spend any time in the studio for the coming month or so but I can assure you the studio will not be empty. Anton's got some reamping to do and I know that Ola and Anton will record some missing acoustic parts for two of the songs. All in all we've come a very long way on this recording except for the big one. There's still a lot to do on the mother of all epics on this, our coming album but I feel we've gained a kind of momentum and things are moving pretty fast right now (at last).

Now my foot are halfway out the door and I have to confess I'm very curious what this will sound like. I'll probably give you a report after a couple of days of playing. Some shows are just about sold out so do yourself the favour and get a ticket before it's too late. Hope to see you!

----------
来週から始まるTFK Revisitedのツアーのリハーサルのために1週間空けることになるんだ。つまりこれから1ヶ月スタジオで過ごす時間がないってことだけれど、スタジオが空っぽにならないことは保証するよ。Antonはなにかリアンプ(一度録音した音を、後で細かく作り込む手法)しなければいけないことがあるし、OlaとAntonは2曲、まだやっていない、いくつかのアコースティック(ギター)のパートをレコーディングするだろう。おおむね、大曲を除けば、僕たちはとても良くやってきたよ。とてつもない物語が収録されるこの、僕らの次のアルバムについては、まだやることはたくさんあるのだけど、僕たちはある種の推進力が増して、今は物事がとても早く動いてるように感じてるんだ(やっとね)。

さて、ドアから半分足が出てるところで、このリハーサルがどんな音になるか、僕はとても興味津々だと告白するよ。多分、2、3日演奏した後にレポートをアップするよ。いくつかのショウはソールドアウトしそうだから、悪いことは言わないから、手遅れになる前にチケットをゲットするんだ。会えるといいね!



(動画でHasseが話してる内容:今、新しいHFMCのアルバムを作っている最中なんだ。たくさんの機材が見えるよね。楽しんでいるよ。でも、ちょっと中断して、これからThe Flower Kingsのツアーが始まるんだ。ヨーロッパ、南米、カナダで2回ライブをやるよ。みんなに会えるのを楽しみにしているよ。これ、分かるよね?)

協力・動画の翻訳:The Flower Kings Fan Club Japan

offer

Category : Hasse's Blog
This pic is just too good to not show again (thanks for reminding me fb) and guess what? I actually got a phone call from a record label earlier today that want to rerelease the old Spellbound stuff, including the demos and all kinds of things. It's not the first time such a thing has happened so I think it's best to wait and see. In the meantime I'm playing through the TFK Revisited setlist over and over again...

この写真をもう一度披露しないのはもったいないよね(思い出させてくれてありがとうfacebook)、で、何だと思う?実は今朝早く、古いSpellboundの曲をリリースしたいあるレコードレーベルから電話があったんだ、デモやその類いの物全部を含めたものだよ。こんなことが起こるのは初めてじゃないから、僕は様子を見るのが最善だと思う。そうこうしているうちに、僕はTFK Revisitedのセットリストを何度も何度もプレイすることになるだろうね。



(埋め込み画像内の本文:Calle came to me two days ago and showed me some photos he took at the Spellbound 30-year anniversary gig. I have to say imho is this a ubercool pic! I'm not sure what first grabs your attention...could it be Olas massive drumkit? or my f...k off finger on my Gold top maybe? The only thing I see when I look at this photograph is the grin on Thomssons face. He's really going all in, he's 100% in the moment, giving it everything he got! Love y'a brother!

----------
上の写真は2014年の9月に行われた、Spellbound結成30周年記念の時のものです。当ブログにまとめ記事があります。

Spellboundは、80年代にSonetから2枚のアルバムを出しています。その後契約を失いますが、バンドは曲を作り続けていました。デモテープは少なくとも3本あります(あと1、2本あると思う)。私は86/87/88年のデモを持っています。その前の2枚のアルバム、「Breaking the Spell」と「Rockin' Reckless」に比べて、デモでは曲のアレンジやバンドの演奏は洗練され、HasseのVo.はかなり上達していました。その一部は、未発表曲集としてリリースされた「Spellbound」で聴くことができました。残念ながら再発される見込みがありません(その顛末はHasseのインタビューで語ってもらいました。

(引用)
Q: 解散からしばらく経った1997年に「Spellbound」という未発表曲集が、Rock Treesuresからリリースされました。実は、私はこれを聴いてSPELLBOUNDのファンになったので、もっと多く出回って欲しいのですけど、どこにも見当たりません。どういういきさつでこのCDは制作されたのですか?

A: 僕たちはMega Recordsのある男から連絡をもらって、彼は僕たちの未発表曲をCDでリリースしたかった。僕たちは、Stockholmの中心地にある、お洒落なオフィスで彼に会って、そこであれやこれやを約束されて、しばらくして契約をしたんだ。僕たちが1銭もお金を見ていないし、それ以来この男から何も連絡はないって、言うまでもないよ。僕のレコード業界の体験は、まったくポジティヴではないと言わざるを得ないね!
(引用終わり)


2013年頃にも再発の話があり、ライナーノーツまで準備されていましたが、なんとその会社が倒産してしまい(^^;)、再発は流れてしまいました。今回Hasseが「様子見」を決めたのは理解できます。当面HasseはHFMCやTFK関連のツアーで忙しいと思いますが、是非実現してもらいたいな〜。2002年に作られたデモ3曲と、"Paradise Ride”はYouTubeにアップしましたけど、他にもみんなに聞いて欲しい曲がもっとあるんだよー。

Planetary OverloadとUnited Progressive Fraternity

Category : リリース情報
Roine Stolt’s The Flower Kingの新譜「Manifesto of an Alchemist」から、"Lost America"のLyrics videoが発表されましたが、それとはまた別のプロジェクトが、Hasseから発表されました。

はい? 寝耳に水とはこのこと。

United Progressive Fraternity(以下UPF)という環境問題を訴えるプログレ団体(なのかな?)が、「Planetary Overload」というアルバムを制作しています。現時点の計画では、来年2019年2月に第一弾「Loss」が、来年の終わりか再来年2020年に第二弾「Hope」がリリースされる予定です。「Loss」の方にHasse Fröbergがゲスト参加しているんだとか。

この団体、UPFの創設者であり、アルバムのソングライターであるMark Truey Trueackは、元Unitopiaのメンバーでした。私がMySpaceでアクティヴだった頃、HasseがMarkのプロジェクトに参加しているような話を、ちらっと聞いた覚えがあります。長らく音沙汰なかったので、計画はぽしゃったのかと思っていました。

アルバムのメインタイトル「Planetary Overload」は、A. J. McMichaelという学者の著書から採用されました。気候変動と地球温暖化、それに伴う人間の生活環境の悪化についてに書かれた本のようです。

そして、ゲストの一人であるDr. James E. Hansenは、元NASAの職員で、地球温暖化の危険を訴えるために活動をしてきた学者で、TEDでも演説をしています。TEDは一時期NHKでも視聴できたので、プレゼンの様子は何度も観たことがあります。シリアスな話題でも、それなりに笑いを織り交ぜた語り口が多かったと記憶しています。Hansen氏の演説はその要素はまるでなく、真剣に訴えに来たんだ、という印象を受けました。

ということで、アルバムで歌われる内容は、概ね気候変動についてのことになるのでしょう。


UPFとは?「Planetary Overload」とは?(英語)
http://unitedprogressivefraternity.com/site/upf-mission-statement/

「Planetary Overload」の参加ミュージシャンなど(英語)
http://unitedprogressivefraternity.com/site/upf-bios-planetary-overload/
有名どころでは、Steve HackettやJerry Marottaの名前が見られますね。


Hasseのブログ(未翻訳・英語)にも書いてあるとおり、彼は2011年から、スウェーデンのロックなお天気おじさんPär Holmgren(http://www.parholmgren.se/index.php)(スウェーデン語)と、Tomas Bodinと一緒に、地球温暖化の危機を訴える「Crime of the Century」というロックオペラを作るプロジェクトに取り組んでいたんですけど、こちらはどうなったんでしょうねぇ(^^;)。

Planetary Overload

Category : Hasse's Blog
Did I tell you I've been busy lately? From time to time I get the question if I can record vocals for a band or a project but I have a tradition of turning them down for various reasons. There might be a tight deadline (that I can't make), I might be recording myself, I might be on tour or just about to head out on one. Well this time the timing was just "perfect" (not) since I managed to plot all threee of them.

As a matter of fact I said yes to be part of United Progressive Fraternity and the project 'Planetary Overload Part I: Loss' about three years ago. Quite frankly I thought they forgot about me until all of a sudden the guy resposible for the project, Mark 'Truey' Trueack asked me if I was ready to do it. A couple of weeks later the producer of the project, Steve Unruh sent me the music and gave me instructions. Last friday I recorded it at Uppsala Stadsteater together with Petrus Königsson, right between the vocal sessions for the upcoming HFMC album and here we are. Yes everything seems to happen at the same time...puh...

...and to you who think I've been involved in a similar project before, you're right. Many moons ago Pär Holmgren (happy birthday man!), Tomas Bodin and I worked on the project Crime of the Century with more or less the same topic. Unfortunately this is no more which makes it even more important for me to be part of United Progressive Fraternity. The album 'Planetary Overload Part I: Loss' is set for release in february 2019.

setlist

Category : Hasse's Blog
tour3.jpg


How do you do it? I honestly haven't got a clue. There's approximately 19 hours of original The Flower Kings music released on different albums and that does not include bonus or fan club CD:s. To make setlists for 75 or 110 minutes for The Flower Kings Revisited tour, becomes as most of you understand quite a task.

At the time I was tracking vocals for Roines new album "Manifesto of an Alchemist" we started to discuss what to play. If you think of that this tour only happens once, there's certain tunes we just have to play. Apart from that you need to think of the dynamics of the show, not to play songs that needs different tunings on the guitars (because of all the flights) and of course pick material that represents if not all but most of the bands career. The negative side of it is that no matter how you do it, some will get a bit dissappointed. The positive side is that some will be perfectly happy with the songs we've chosen, or will leave the venue smiling because of the sheer power and beauty of the music itself.

From what I've heard tickets are selling fast at the moment, so do yourself the favour and buy a ticket to hear and see Roine Stolt and friends play The Flower Kings. As if that wasn't enough, we're doing the European leg of the tour together with Spocks Beard to celebrate Inside Outs 25 years in the business. This touring combo is definitely a once in a lifetime experience so don't miss out. South America, (northern) Europe, Canada hope to see you!

----------
どうやるって?全くもってわからないよ!THE FLOWER KINGSの曲は全部で19時間ぐらいあって(ファンクラブCDとかは除いて)、その中から75分もしくは110分のセットリストを組むんだ。どれだけ大変かは容易に想像がつくよね?

Roineの新しいアルバム"Manifesto of an Alchemist"のヴォーカル録りをしている時に、どれを演奏するか話し始めたんだ。このツアーは一回限りのものになるだろう、と考えるなら、ここでしか演奏できないものを演るべきなんだ。ライブの流れとか、ギターのチューニングを変えて演奏しなくてはいけないとか(フライトとかそういうせいで)、バンドのキャリアを代表するものとか、そういったものを別にしようと。ただ、どういう風にしようとも、誰かはちょっとがっかりしてしまうんだ。反対に僕たちの選曲に完璧に満足してくれる人もいるんだ。もしくは曲の持つパワーや美しさによって笑顔で会場を後にしてくれる人がいるんだ。

僕が聞いたところによると、チケットはよく売れているらしい。だから、このRoine Stoltと仲間たちがTHE FLOWER KINGSの曲をプレイするのを聴きたかったら、チケットを買ったおくと良いよ。これでもまだ足りないかな?欧州ツアーはInsideOutレコード25周年を記念してSPOCK'S BEARDと一緒に回るんだ。このジョイントコンサートはこの先見れるとは限らないからね。見逃したらダメだよ。南米、北欧、カナダでもみんなに会えるのを楽しみにしているよ。

翻訳:The Flower Kings Fan Club Japan

----------
多くの楽曲を抱えるバンドならではの悩みですよね。今度Roine's The Flower Kingのアルバムが出るんだから、RushのR40みたいに、時系列を遡っていけばいいじゃない。それで、最後に"The Flower King"を演奏すればいいじゃない(やや投げやり)。いえ、でも"The Flower King"は代表曲とか、「ここでしか演奏できないもの」とか抜きに、演奏するべきだと思いますよ…。

個人的には「Unfold the Future」に収録されている"Grand Old World"をライブで聴いてみたいのですが、今までバンドがSaxプレイヤーを連れて行ったことがないので、演奏することはないでしょうねぇ。
プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる