Ola Strandbergインタビュー

Category : 更新情報
0509live_140.jpg

Hasse Fröberg & Musical Companionのドラマー、Ola Strandbergのインタビューをやりました。

http://spellboundjp.web.fc2.com/int_ola.html

インタビューの冒頭に書きましたが、SpellboundのメンバーとのコンタクトはOlaと始めました。多分2003年の秋頃、TFK友達経由でSpellboundのデモCDをもらい、「これはニューアルバム作らせなくちゃだめだー!」と一念発起し、サイトを立ち上げて、思いつくところにデモCDと資料を送ったのを覚えてます。結果には結びつきませんでしたが…。その時の窓口がOlaで、その当時HasseやJJはメルアドを持ってなかったんじゃないかなぁ(^^;)。Thomssonは持っていたようですが、あまり活用していなかったようです。あれからいろいろあったなぁ…(遠い目)

インタビュー記事に入れられなかった情報を少し。
Olaの父親、Åke Strandbergはサックス/クラリネット奏者で、1965年にÅke Strandbergs Orkesterを結成し、亡くなる2013年の秋頃まで、Big Swing Faceなどジャズ/ビッグバンドを率いて活動していました。今年の4月に追悼コンサートが行われ、Sverige RadioのUppsala局でその模様が放送されました。
http://sverigesradio.se/sida/artikel.aspx?programid=114&artikel=6149296

Spellboundの2nd「Rockin' Reckless」の"Shot of Love"に、Åkeがゲスト参加しています。ジャズミュージシャンだったのは知っていましたが、そんなにえらい、というか、追悼番組が流れてしまうようなミュージシャンだったとは思いませんでした(^^;)。インタビューでは、子供たちの音楽活動に寛容だった印象を受けました。

(蛇足)Googleでうまく検索すると、Åke Strandbergの写真が見られますが、Olaの兄、Alf Strandbergがよく似ているなぁと思いました。

HasseにSpellboundの歴史を聞いた

Category : 更新情報
サイト本体SPELLBOUND - Give Me Heavenに、Hasse Fröbergのインタビューをアップしました。今までファンクラブを通して、The Flower KingsやHasse Fröberg & Musical Companionについてのインタビューをしたことがあり、その中でSpellboundについて触れることはありましたが、ここまでガッツリ聞いたことはありませんでした。質問数の多さに、むこうも驚いていましたが(^^;)、大体は丁寧に答えていただけました。


インタビューはここからどうぞ


前からずっと聞きたかったことの一つが、「SpellboundはBathoryとツアーをやったことがあるらしい」という情報でした。これは「Breaking the Spell」日本盤LPのライナーに書かれています。

s_tour.jpg


ライターの有島氏が、資料がほとんどない中でこれを書いている、とライナーの中で告白しています。そして、このインタビューと最近のHasseのブログを読むと、Sonetの人間達が、メタルバンドのヒットをどう扱ったら良いのか、全然分かっていなかった様子が読み取れます。80年代、スウェーデンと日本の距離は、今と比べてずっとずっと遠いものでした。Sonetの人間が「バレないだろう」とテキトーなことを書いて、日本のレコード会社に送ったとしても驚きませんね。勿論、これは私の推測ですよ!それにしたって、なぜここにBathory・・・という違和感はぬぐいきれません(笑)。


Van Halenについて執拗に聞いているのは、1988年のビデオを見たことがきっかけです。それと、1988年のデモに収録されている"Private Joy"という曲も大きく関係あります。ヴォーカルとギターの怪しげな掛け合いで始まる曲で、初め、これはLed Zeppelin(R. PlantとJ. Page)に影響されたパートだと思っていました。しかし、多分違うのです。あれはEddieとDave Lee Rothの掛け合いなのです。それと、Spellboundにはまりだした頃、海外のサイトに掲載されたJJ Marshのインタビューで、彼がEddie Van Halenをかなり評価しているコメントを読んだことも思い出しました。80年代の北欧メタルを聞いていて、シリアスな様式美・美メロ曲の中に、唐突に挿入されるオッペケペーなパーティーバンド的な曲に、脱力したことはないでしょうか?わたしはあります。それでVan Halenの影響について聞きたかったのです。他のバンドは分かりませんが、Spellboundについては強く影響されていたみたいですね。


もう一つは未発表曲集CD「Spellbound」についてでした。今はなき西新宿のDisk Heavenで、家人がこのCDを買ってこなければ、このブログやサイトも作ってなかったかもしれません。なので、私にとってはとても思い入れのあるCDなのですが、バンドにとっては、とても苦い思い出がある作品だったみたいです。

hfmc01_034.jpg


Hasseは、ロックミュージシャンらしからぬ慎重さを持つ人で、良く言えば堅実ですが、悪く言えば絶対冒険をしない人だと思っていました。ファンの立場から見ると、もどかしさを感じることが多くありました。その慎重さはどこから来るのだろう、とぼんやり考えたことはありましたが、レコード会社とのやりとりの中で築き上げられた不信感だったのかな、と今は理解できます。子供が大きくなって時間ができたから…とはいえ、HFMCを始める時も、相当な覚悟が必要だったのではないかと思いました。


そんなあれこれを聞いたインタビューがこちらであります


さて、これからはHFMCの時間です。3rdアルバムのリリース時期はまだ未定ですが、かなりの意欲作のようです。楽しみに待ちましょう!

Hasse's Blog

Category : 更新情報
今日、大量に「Hasse's Blog」というカテゴリーを追加しました。

これは何かというと、MySpaceにアップされているHasse Fröbergのブログです。
どうしてこちらに保存したかというと、MySpaceが大改造されて、ブログが思うように閲覧できなくなってしまったことが原因です。今後、MySpaceも改善されるかもしれませんが、保存作業は続けていくつもりです。
2010年の夏ごろから、アルバムやライブのプロモーション中心の内容になっていますが、過去にはTFKや彼が関わったバンドの裏話が書かれているので、なかなか興味深いですよ。

ブログの本体はこちらです。

もう疲れた。寝る。

Thomssonのミニインタビュー

Category : 更新情報
+MoreセクションにT. Thomssonのミニインタを追加しました。こちらからどうぞ。

(12/03追記)
インタビューに英語原文も追加しました。


プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる