expect the unexpected!

Category : Hasse's Blog
hfmc01_041.jpg
photo by momodisson

Always expect the unexpected! I have to say I'm happy with our performance on our upcoming Live DVD/Album called No Place Like Home but obviously the gig wasn't free from hassle. All of a sudden I could hear weird noises from my guitar rig which of course was frustrating with the recording and cameras and all. If you think of the fact that I had my Gold Top tuned and overhauled two weeks prior to the show it's no wonder I blame the sudden noises on my pedalboard in the dressing room after the concert (as you can see on the DVD). However I was wrong. I had my darling sent to an electrician to measure the electricity. He managed to find the problem and solve it.

When I'm on stage I want to reach the point where I don't think, I just do. It's like you have a force inside you that you need to get out and the less obstacles there is, the more power it gets. When I watch and listen to the DVD I think I was able to handle this technichal issue in a professional way as I'm able to keep my focus throughout the show. What can you learn from this? Probably nothing except for that it doesn't matter how well prepared you are. Always expect the unexpected!

No Place Like Home - The Concert
comes in a beautiful Digipack cover and includes 1 DVD, 2 CD:s, a 12-page booklet and is available in both PAL and NTSC format.
https://hfmcband.com/shop
https://www.youtube.com/watch?v=gD0JZlJtYCA&feature=youtu.be

----------
いつも予想外なことを予想するんだ!これから発売される「No Place Like Home」というライブDVD/アルバムの、僕たちのパフォーマンスについてはとてもハッピーなんだけれど、明らかにライブは面倒なことから逃れられなかったよ。まったく突然、僕のギターの機材から妙なノイズが聞こえてきて、それは勿論レコーディングやカメラや、すべてにとってイライラさせるものだった。僕のGold Top(ギター)はショウの2週間前に調整・整備されたという事実を考えたら、僕がコンサート後の楽屋で、ペダルボードに突然のノイズの責任を負わせたのは無理もない(DVDで見られるようにね)。でも僕は間違っていたんだ。電気の対策をするために、僕の愛しいギターを電気技師に送った。彼は問題を見つけて、それを解決することができたんだよ。

ステージにいるとき、僕は自分が考えてもいないような地点に達したいし、とにかくそうする。それは君の中に引き出す必要がある力を持っていて、障害が少なければ少ないほど、よりその力を得ることができる。このDVDを観るとき、僕はこの技術的な問題を、プロフェッショナルなやり方で対処したので、ショウの間自分がこの力を維持できたと思うよ。これから君は何を学べるか?おそらく、君がいかに入念に準備をしようと例外はない。常に想定外を想定するんだ!

プレオーダー受付中!
https://hfmcband.com/shop

ティーザーも見てね!
https://youtu.be/gD0JZlJtYCA

Chemistry

Category : Hasse's Blog
dvdshot.jpg


How come you forget so fast? Gone are the sleepless nights, the stress, the not working bounces, the missed deadlines etc. This has indeed been an ambitious project and now all that is left is how fun we've had making this DVD/Album and the memories are now in bright colours. Strange but I guess that's how we work (as human beings that is).

What makes a good live recording? Apart from the obvious, like playing and singing the right notes in the right rythm and you put some feeling into it...I'd say chemistry. Considering we're just about to release our Live DVD/Album called No Place Like Home, I can inform you there's lots of psychology going on between the bandmembers during a concert. We do not only feed on each others sounds, we also feed on everyones energy regardless we're aware of it or not. By now I've been playing in lots of bands and I can honestly say when it comes to HFMC, the energy we mediate on stage is 100% natural thanks to the chemistry in the band. We love to get up there and when I look and listen to No Place Like Home it's quite obvious, we really like to play music together.

No Place Like Home comes in a beautiful Digipack cover and includes 1DVD, 2CD:s and a 12-page booklet.

----------
どうしてそんなに早く忘れてしまうんだろう?眠れない夜やストレス、ミックスダウンに手こずったり、締め切りに間に合わなかったり、そういった事は過ぎ去った。これは本当に野心的なプロジェクトだったし、いかにDVD/アルバムを作るのが楽しかったかが、今残っているもののすべてで、思い出は今や鮮やかな色彩の中にある。不思議だけど、それが僕たちがどのように機能しているか、ということなんだろう(人間としてね)

何がよいライブレコーディングを作るのか?明らかなもの、正確なリズムの中で演奏や歌がちゃんとした音を出し、その中に何かフィーリングを込める、といったこと以外に・・・ケミストリーだと思うんだ。「No Place Like Home」というライブDVDをリリースしようとしているのを考えると、たくさんの心理的なことがコンサートの間中、バンドメンバーの間で行き来していた、と言うことができる。お互いの音を補い合っただけではなく、僕たちはメンバー一人一人のエネルギーも補強し合っていたんだ、それに気付いていたかどうかは関係なくね。今までたくさんのバンドでプレイしてきて、HFMCについて正直に言えば、ステージ上で生まれてやりとりしたエネルギーは、バンド内のケミストリーのおかげで100%ナチュラルなものだよ。僕らはステージに上がるのが大好きだし、「No Place Like Home」を視聴すると一目瞭然で、僕たちは本当に一緒に演奏するのが好きなんだ。

「No Place Like Home」は美しいデジパックで、1DVDと2CD、そして12ページのブックレットが付いてるよ。

thanks to TFK FC Japan
----------
DVDのティーザーもアップされました。なかなかよい感触があります!HFMCのfacebook内にありますが、FBのアカウントがなくても見られるはずです…多分(^^;)
https://goo.gl/q5L4J7
(追記)
YouTubeにもアップされていました。
https://youtu.be/gD0JZlJtYCA

プレオーダー始まってます
https://hfmcband.com/shop

The Concert

Category : Hasse's Blog
live16.jpg
Photo by Calle Lindh

It took about 300 hours to mix the audio recording of our upcoming Live DVD/albums No Place Like Home. I'm afraid that ain't much compared to the time Kicki Holmén put in editing the visuals for the DVD or Thomas Schons work as a technichal advisor. When I look at it I can only state that Kicki probably knows the songs better than we do, as I find the editing very musical. From the bottom of my heart, thank you very much Kicki and Thomas for joining us on this long and crazy ride and for delivering the work that you've done!

I'm not sure I want to namedrop old Live albums but here we go. No comparisons otherwise but the level of energy on No Place Like Home has more in common with Live albums like, let's say Yes Songs or The Ramones It's Alive, than for instance the more slick sounding Seconds Out by Genesis or Peter Frampton Comes Alive. All of them nice Live recordings in their own right of course but I just thought I'd give you a hint. In my book this sounds like HFMC Live and it should work just fine for Flower Kings fans as well as old Spellbound fans so now you know.

No Place Like Home - The Concert
Comes in a nice Digipack cover that includes 1 DVD, 2 CD:s and a 12-page booklet.
Release date: 1/9 2017
Preorders: 28/7 2017
First 100 orders at our soon to be ready webshop at hfmcband.com will get a signed copy by all HFMC members. Stay tuned!

----------
これからリリースするライブDVD/アルバム「No Place Like Home」のオーディオミックスに300時間かかったんだ。恐れながら、Kicki HolménがDVDの映像面を編集をほどこした時間、あるいはThomas Schonが技術アドバイザーとして働いた時間に比べたら、たいしたことではないんだ。僕が(DVDを)見るとき、Kickiはおそらく、僕たちよりも曲をよく知っているんだ、としか言えないね、僕はその編集がとても音楽的だと感じたから。心の底から、KickiとThomasには、この長くてクレイジーな道のりに参加してくれたことと、彼らが成し遂げた仕事ぶりに感謝するよ!

自分が古いライブアルバムを上げて自慢したいのか分からないけど、やってみよう。他の点では比べものにならないけれど、エネルギーレベルでは、「No Place Like Home」はこんなライブアルバム、例えるならば、Genesis / Seconds OutやPeter Frampton / Frampton Comes Aliveのような、より洗練された音よりは、Yes / Yessongsか、The Ramones / It’s Aliveのようだよ。これらすべては彼らの正しい方針の内にある素晴らしいレコーディングだけど、君たちにヒントをあげようと思うんだ。僕の意見では、これ(DVD)はまさしくHFMCのライブそのもので、TFKのファンや古いSpelllboundのファンも気に入るはずさ、聞けば納得するよ。

----------
発売は9月1日、プレオーダーは7月28日、お忘れなく!

The latest update

Category : Hasse's Blog
sregina_b.jpg


I wanted it to sound like live Livealbums did when I grew up as I'm not that big fan of those dry and studio sounding Livealbums that seems to be the fashion of today. Wait a second maybe I should say want it, as we're still mixing the audio recording to our upcoming Live DVD "No Place Like Home”. In case you're wondering why it's taking so long? The only answer I can give you is life, as in families, jobs, newly bought summerhouses etc (not particulary mine though). There's so many people involved in this project and believe me, everyone are doing their best to make it happen.

The previous week I went back to start mixing one of the bonustracks, which by the way is called "Chasing a Dream" at Studio Kjellaren together with Kjell Sandberg. As I hadn't heard it in a LOOONG time, the first thing that strucked me was how powerful we sound in this track (and I really mean powerful - Holy Mother of Christ!!!). If we'll be able to tame the wild horses just a tiny little bit, it will turn out an awesome tune. The studio is really good and Kjell is getting into the game more and more each day and I'm confident we'll have something extra here that will be a great contribution to the whole product.
Mixing the concert (approximately 105 minutes) has proven to be an extensive work and a tough test of my patience.

Right now we're moving at lightning speed though and it can't be that many hours before we're ready. I have to say I'm really grateful to have Petrus Königsson onboard since he always immediately knows what I'm looking for and by now he also has the knowledge of what the band is about, which is of huge help as we're making a document of this phase in the bands history.

When it comes to the visuals I have no news for now except for that Kicki Holmén and Thomas Schon has "completed the work" on the actual gig. Now they're focusing on extramaterial such as interviews and a documentary and of course they have to make a video for "Chasing a Dream" as soon as they have a suitable mix to work on. I told you it was a big project didn't I. There you have it...the latest update. To be continued.

----------
僕は、自分が育ってきた時の、生のライブアルバムが鳴らしたようなものにしたかったんだ、というのは今日流行っているらしい、あのドライでスタジオレコーディングのようなライブアルバムはあまり好きではないから。ちょっと待って、僕は「したい」というべきだったかも、まだ僕たちはこれから出る予定のライブDVD「No Place Like Home」の音声をミキシングしているところだからね。念のため、君たちはどうしてこんなに時間がかかっているんだと不思議に思っているだろう?僕が与えられる唯一の答えは、生活、例えば家族や仕事や、新しく購入したサマーハウスとか(特に僕のではないけど)。たくさんの人達がこのプロジェクトに関わっていて、信じて欲しいのは、みんな事を実現させるためにベストを尽くしてるところなんだ。

先週からボーナストラックのひとつをミックスし始めるために戻ったんだ、ところでそれは”Chasing a Dream”と呼ばれているものなんだけど、Studio Kjellarenで、Kjell Sandbergと一緒にやっているんだ。その曲をしばらーーーく聴いてなかったので、初めに印象に残った事は、このトラックの演奏はなんてパワフルに鳴っているんだろう、だったね(それは本当に力強いって意味だよ---なんてこった!!!)。もし僕たちがこの荒馬をちょっとばかり手なずけられたら、素晴らしい曲になるだろうね。スタジオは本当に良くて、Kjellは日に日にこのゲームにのめり込んでるし、僕はここに、作品全体に大きな貢献するであろう、特別な何かをもたらすと確信してるよ。

コンサート(だいたい105分)のミキシングは膨大な作業、かつ僕の忍耐力に対するするきついテストになると証明されたね。ただ今、僕たちは電光石火の早さで進んでいて、僕らの準備が整うまでにそう長い時間はかからないよ。僕はPetrus Königssonを迎え入れていることを本当に感謝していると言わざるを得ない、というのは彼はいつもすぐに僕が探しているものをすぐ分かってくれるし、今では彼はこのバンドについての知識も持っている、それは大きな助けになんだ、僕たちはバンドの歴史の中で、この時期のドキュメントを作っているのだからね。

視覚面については、Kicki HolmenとThomas Schonが実際のギグについては「作業は完了した」というニュース以外には情報はないんだ。今彼らはインタビューやドキュメンタリーのような追加素材に集中していて、それから勿論、適切なミックスがなされたらすぐに”Chasing a Dream”のビデオを作らないといけないね。大きなプロジェクトだと言ったよね。これで・・・最新情報はいいかな。続きはまた。

(no title)

Category : Hasse's Blog
It's really nothing to write home about but how is it possible? How can music still be this fun? In the middle of trying to complete the No Place Like Home live DVD we started to work on the new material yesterday. Enthusiasm, focus and inspiration are some of the words that comes to my mind when I'm thinking about the session. And by the way, the guys seemed to like the new music and that makes everything a lot easier. A fabulous and sunny monday to you all!

(no title)

Category : Hasse's Blog
Sitting here doing the "final touches" mixing the No Place Like Home live DVD together with sound engineer Petrus Königsson. Right now I'm realizing we're doing two songs from FuturePast, two songs from Powerplay, two old TFK tunes and even two new ones as well as a couple of songs from our latest album HFMC. Yep, this gig is really turning out like a showcase of my last twenty years.

To be honest we didn't do much on this project this summer but better start late than never. Talking about it, over here it's all of a sudden summer again but right now it feels good to work on the studio tan for a while.

Toys in the attic

Category : Hasse's Blog
spresscut.jpg
photo by Hasse Fröberg

Toys in the attic...not really but I found some fun memorabilia. Cleaning and sorting out the attic is something we should have done ages ago but we always seem to find a lame excuse, to do it later. Anyway, our daughter Malvina is moving out of the house so we could not postpone it anylonger. Here we are with boxes of different stuff and furniture that Malvina has bought and repainted. The house is frankly a mess at the moment but this messy house is a part of life and I'm perfectly cool with that.

From one thing to another, the press cuts are from my post Spellbound pre TFK band called Solid Blue.
The live pic is me at 16 years of age playing in Östervåla Folkets Park back in 1980.

----------
屋根裏部屋のおもちゃ・・・ではないけど、面白い記念品を見つけたよ。屋根裏の整理整頓は、長い間やらなくてはいけなかったんだけど、僕たちはいつもしょうもない言い訳を見つけていたようだね、後でやろうって。とにかく、僕たちの娘Malvinaが家を出て行くので、もうこれ以上延ばすことができなくなった。ここにはMalvinaが買って塗り替えた、いろんなものが入った箱と家具があるんだ。家は率直に言って、今はごちゃごちゃなんだけど、この散らかった家は人生の一部で、それについてはまったく構わないと思う。

話は変わるけど、新聞の切り抜きは、Spellboundの後、TFKの前にやっていた、Solid Blueというバンドのものだよ。ライブ写真は、16歳の僕で、1980年にÖstervåla Folkets Parkで演奏してた時のものだ。

----------
Solid Blueは、Spellbound解散後に結成されたハードロックバンドです。唯一リリースされたCD「Vol. III」には、Facesが好きなHasseの趣味を反映したように、Python Lee Jacksonの"In A Broken Dream”(Vo.がRod Stewart)が収録されています。スウェーデンですがいわゆる「北欧美旋律」的な要素はなく、むしろブリティッシュ寄りHRと言えましょう。ギタリストのSören Cederbergが、イタリアのサイトを通じてCDを売っていた時もあったのですが、現在は入手困難になっています。Sörenがバンドの「記録係」だったようで、彼のサイトで切り抜きのスキャン画像を見る事ができます。
http://www.angelfire.com/band/pandora/Solid.html
(左サイドの「Pressreleases」の下に並んでいるリンクをクリック)
全部は読んでいないのですが、このリンクの記事は、Örsundsbroという小さな村で、初めてロックコンサートが行われる事になった、結構いい話だった記憶があります。

でも、右上にあるホッケーのユニフォームっぽいものを着た写真は初めて見たかも・・・。

SörenはSolid Blueの動画もいくつかアップしていて、それについてはこちらのエントリーで暑苦しく書きました。私は今でも時々観に行きますよ(^^;)。

最後の「16歳の僕」の写真は、Hasseのfacebookを見てね。時期的にはSpellboundの前ですね。ふふ。
プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる