Studio report nr:6 (Precious time)

Category : Hasse's Blog
0124.jpg


This will be such a task. Today in the studio I realized this recording needs a more delicate mix than the two previous albums. On both "FuturePast" (2010) and "Powerplay" (2012) we tried to keep the overdubbs to a "minimum", trying to make it sound as close to HFMC playing live as possible. On this one we're going the opposite way, with no thinking of how to "reproduce" this live at all (we're saving that for later hahaha...). Recording like this with lots of overdubbs is very time consuming. You really need to be careful as you don't want all the contributions to stand in the way for the song but to make it sound better and more interresting. I'm perfectly clear of that we're just in the middle of the production so far, still Petrus and me started to check out what we got up until now. We worked on the drum sound a bit and made a VERY rough mix on one of the songs, just to try to find the way, find the key that hopefully will "open the door" to this material.

If everything works there'll be eight songs + a short instrumental tune on this album. So far we've recorded everything (+ probably a little more) to four of these songs. Sometimes I panic when I think of all that's left to do but hey, we're halfway there and in the best of worlds, hopefully we can speed up the production a little. I have to confess, I really feel like a kid at Christmas everytime I open up the bounced files with solos from Anton and Kjell. Those moments are doing wonders for my heart and soul and leaves me with a warm feeling in this cold month of January. Dear friends, stay tuned for more info on how this recording is progressing. Over and out/Hasse

----------
次のアルバムは、けっこう作り込んだアレンジの曲が多いのでしょうか。ライブでどう演奏するかは「後で考えよう、ハハハ」みたいなこと書いてますが(笑)。The Flower Kings Fanclub Japanが日本語訳を早速アップしているので、それも掲載します。

----------
「スタジオレポート No.6」
今回のアルバムでは今までよりもデリケートなミックスが必要だと気がついた。前2作はライブで演奏しているように聴こえるようにオーバーダブは最小限に抑えていたんだけど、今回は反対の事が必要みたいだ。ライブでどう再現するかは考えずに(これは後で考えることにするよ笑)。こういうレコーディングの仕方は凄い時間がかかるんだ。凄く慎重にならないといけない。みんなが提供してくれた(アイディア)全てを曲に入れる訳にはいかないし。でも更に良く、更に興味深いものに仕上げないといけない。ちょうど今、半分ぐらい出来上がった所なんだ。今でもPetrus(Konigsson TFK来日時に同行したサウンド・エンジニア)と僕とで今まで録音したものをチェックしているんだ。今、ドラムサウンドに取り組んでいて、ラフ・ミックスを作ったんだ。これで道が開けないかと期待しているんだ。
全ての物事が上手く行けば、今回のアルバムには8曲と短いインストが収録される予定だ。レコーディングは4曲分終わっており(ほんの少しだけ、もうちょっと必要かな)、残りがどれだけあるかと考えるとちょっとパニックになるけど、でも半分まで来たしな。もうちょっと作業のスピードを速めないとダメかな。正直に言うけど、気分はクリスマスを迎えた子供みたいさ。Anton(Lidsjö ギター)とKjell(Haraldsson キーボード)からソロの入ったファイルを受け取ったんだ。こういった瞬間、僕の心や魂は驚き、この寒い1月の最中、心が温まる気分になるんだ。親愛なる友人達へ、この作品がどうなるかチェックしていてくれよ。 Hasse。

----------
Hardrock Havenのインタビューでは、HFMCの新譜の発売は5月の終わりか6月の初め頃に、ツアーは9月頃に行いたい、と言っていますが、まだ不確定なことが多そうです。
プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる