Progressive Nation at Sea 2014

Category : Hasse's Blog
pn14_20140227044129989.jpg
photo by Frenci Vervest

I think this pic pretty much sums it up. Vitamin B, vitamin D, prog, rock and a lot of smiles (I guess you understand this photo was shot during the night). Anyway, I can assure you the weather was marvellous all throughout the "Progressive Nation at Sea 2014" maiden voyage and that increased the feelgood factor of this journey even more. If you think of a festival without the muddy field, the cold or sweaty tent, the "nightmare like restrooms" etc, you got a hint of what life was like on Norwegian Pearl. Hmmm...I bet you got it by know.

On occassions like this your focus gets a bit blurry. You constantly have to keep in mind that you're on the boat to play and that's easy to forget as you try to see as many bands as possible and of course you end up with a chat or two with all the beautiful people onboard. Anyway, with the help of sound engineer Rich Mouser (responsible for mixing the Transatlantic records among other things) TFK did imho two solid shows. Especially if you think of that we hadn't even met for two months. To me, the gig on the pooldeck under the stars was the coolest one.

Meeting other bandmembers is also very entertaining. To once again see the guys in Neal Morse Band or Spocks Beard, talk to the Beardfish guys for the first time, or continue the partying with Pain of Salvation where we left off in Israel over a year ago is nothing else but mesmerizing. In fact Tomas Bodin and me spent an afternoon at the small island Stirrup Cay (or whatever it was?) with Ragnar Zolberg who did a trememdous job at being himself at the same time as he tried to "stand in" for the Pain of Salvation mastermind Daniel Gildenlöw (bless him and may he get well soon). Not only did Ragnar and the rest of the bunch do Pain of Salvation justice without Daniel. After a while we even found out that Ragnar (who's from Iceland by the way) has connections to Uppsala and every now and then he's in Lagga, less than 10 km:s from where I live, to do some sauna bathing and whisky drinking with a fellow brother from Iceland that now lives in Sweden. When I saw the line-up I promised myself I would not leave the boat until I've talked to the former TNT (Norwegian metal/aor band) singer Tony Harnell. At the Kings X gig I saw my chance and said to him, I know one thing you don't. "As a matter of fact I was asked to join TNT as their leadsinger before you but I turned them down". He looked at me like a questionmark until I started to explain the whole story. After I made it perfectly clear to him he was the right man for the job, he shook my hand and we started to laugh. It's already been proved several times and now once again. It's a pretty small world we're living in.

Next week=back in the studio working with the new HFMC album again and by the way, cool pic Frenzi!

----------
(2017. 03.15.日本語訳追加)

この写真はよく総括していると思うよ。ビタミンB、ビタミンD、プログ、ロックとたくさんの笑顔(この写真がその夜に撮られたことは分かっているよね)。とにかく、「Progressive Nation at Sea 2014」の初航海は天候にずっと恵まれていて、それがこの旅にさらに良い要素を増やしてくれたと断言できるよ。泥だらけの野原、寒くて汗臭いテントや「トイレのような悪夢」等がないフェスティバルを考えたら、Norwegian Pearl(註:フェスで使われた客船の名前)の上での生活がどんなものかのヒントになるだろう。うーん、知ることで納得するだろうね。

こういう機会で君の焦点はちょっとぼやけていく。船の上で演奏するために乗船していることを、常に心に留めておかないといけない、それは、できるだけ多くのバンドを見ようと試みて、勿論、乗船してる素敵な人々と一つや二つお喋りをしていれば、たやすく忘れてしまう。とにかく、サウンド・エンジニアのRich Mouser(Transatlanticや多くのレコードでミキシングの責任を負っている)の助けで、個人的な意見では、TFKは二回手堅いショウをやった。特に、僕らが2ヶ月も会ってさえいなかったことを考えたら。僕にとっては、星空の下のプールデッキでやったギグは最高なものだったと思う。

他のバンドのメンバー達と会うのもとても楽しかったよ。Neal Morse BandやSpock’s Beardの奴らと再会したり、Beardfishのメンバーと初めて話をしたり、Pain of Salvationとは1年前のイスラエルで中止したパーティの続きをしたりすることは、ただただ魅力的なことだった。実際、Tomas Bodinと僕は小さな島Stirrup Cay(かどこかだと思うけど?)(註:おそらくバハマのグレート・スターラップ・ケイ島。このフェス・クルーズでは、一回島に立ち寄って、希望する乗客達は島で買い物や海水浴を楽しんでいたようだ)で、彼自身の素晴らしい仕事をすると同時に、PoSの首謀者Daniel Gildenlöw(彼にご加護を、そして早く良くなりますように)の代わりを試みたRagnar Zolbergと一緒に過ごした。Ragnarだけでなく、他のメンバー達もDanielなしのPoSで十分能力を発揮したよ。その後しばらくして、Ragnar(そうそう、彼はアイスランドから来たんだ)はUppsalaと繋がりがあって、時々Laggaで、僕が住んでいるところから10キロと離れていないところだけど、アイスランドから来て今はスウェーデンに住んでいる兄弟と、サウナに入ったりウィスキーを飲んだりしていると分かったんだ。(フェスの)ラインナップを見た時、僕は前のTNT(ノルウェーのメタル/AORバンド)のシンガーTony Harnellと話をするまでボートを下りないと、自身に約束したんだ。King’s Xのギグでチャンスがあって、彼に言ったんだ、君が知らないことを僕は一つ知っているって。「実はTNTにリードシンガーとして入らないかと、君の前に尋ねられたんだけど、僕は断ったんだ。」彼は僕が全体の話をするまで、怪訝そうに僕を見ていた。彼がその仕事にはふさわしい人物だった、と彼の疑問を完全に払拭した後は、彼は僕と握手して、僕たちは笑い出した。すでに何度も、今回もう一度証明されたこと。僕らが生きている世界は結構狭いんだね。

来週=新しいHFMCのアルバムの作業に再び戻るよ。ところで、クールな写真だね、Frenci!

----------
3年前の記事ですが、訳あって日本語をつけてみました。急いで作業したので変な箇所があるかもしれません、いや多分ある。
Hasseが80年代にTNTから誘われていた、という話はかなり前から知っていたのですが、本人の手で文章化されたのは、これがおそらく初めてかと思います。これで堂々と言いふらせるぞ(^^;)。
プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる