Delicious Agonyのインタビュー

Category : ニュース
前のエントリーでHasseも書いていましたが、ネットラジオで、プログレ専門チャンネルとして歴史が長いDelicious Agonyにて、Hasseのインタビューがオンエアされました。ライブではなく録音だったようです。
http://www.deliciousagony.com/phpBB2/viewtopic.php?t=4078&highlight

内容は70%くらいは聞き取れたと思うんですが、細かいニュアンスやディテールは拾いきれず。
それでも良ければ続きをどうぞ。ウソ書いてたらごめんなさい。

(そのうちアーカイヴがアップされると思うので、英語が聞き取れる人はそちらを再確認することをお薦めします。)

インタビューは三部構成でした。第一部は「Future Past」の制作とHFMCについて、そしてThe Flower Kingsについての話も出てきましたが、「Paradox Hotel」の話が面白かったです。Hasse曰く、当時は「グループで作品を作ろう!」という意気があって、他のアルバムよりもシンプルだけど、地に足が着いたアルバムになった、そうです(と言っていた気がします)。で、二人して"Monsters & Men"の曲名が思い出せなかった件について(笑)。
でもHasseが一番お気に入りの曲は「The Rainmaker」の"City Of Angels"で、だけど誰もこの曲が好きだというのを聞いたことがないと言ってました(^_^;)。DJのRick的には"Serious Dreamers"みたいです。(私もそうだな)
バンド名に自分の名前を冠したのは、自分にプレッシャーをかけるためだったそうです。

第二部では、DJが「どうして北欧からは優れたグループが多く出てくるのか?」という質問がありました。Hasseは「スウェーデンでは子ども達はみんな音楽を学ぶ機会が与えられている」と答えていました。Hasseが子どもの頃は無料で、現在は安い料金でレッスンを受けることができるらしいです。あと、先生も優秀だし、音楽業界については、スウェーデンは優れたプロデューサーも多い、と言ってました(日本でも流行ったなぁ、タンバリン・スタジオ)。DJはそれがちょっと羨ましそうで、その後スウェーデンとアメリカの税率と公共サービスについてしみじみ話し合ってました。

第三部。DJが「"Magic Pie"が好きなんだけど、どういう意味?」と質問。Hasseは「TVかなにかで聞いた言葉で、実はよく分からない」そーです(笑)。その後再びHFMCの話に戻りました。10月のライブで"Magic Pie"などTFKの曲を何曲か演奏したのですが、AntonもKjellもオリジナルをただコピーしようとはしなかった、とか、レコーディングもほぼライブで録った、だからテンポの揺れがあるけど、それが重要なんだよ、など。でもハモンドオルガンは音が大きすぎて、一緒に録れなかったそうです。

最後のジングルで言い間違えるHasse萌え。

Comment

非公開コメント

プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる