スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Musikörat(長文)

Category : 翻訳
Musiköratというのは、Uppsalaにあるレコードショップです。2004年にUppsalaでTFKを観たとき、行動を共にしていたYさんから教えてもらったお店でしたが、タイミングが悪くて、私は店舗の中に入ることはできませんでした。

3030.jpg
当時の写真 Photo by momodisson

その後、閉店したというニュースを聞いたときは、とても残念でした。しかし2010年に、HFMCのライブを観に行ったとき、「¨Orat」という店を中央駅近くで発見しました。始めは、店舗の中にHFMCのライブ告知のポスターが貼ってあったのに驚いて(街の中でポスターを見たのは、この一回だけ!)、思わず中に入りました。それからCDをいろいろ見て、値札のシールに「Musikörat」とプリントされているのに気づき、店舗がここに移転したのだとわかりました。この時はUppsalaの市街地で4,5件のレコードショップに入りましたが、プログレをまともに扱っている店は、ここだけでした。(昔は、StockholmのMellotoronenに行けばよかったんですが、ここも数年前に閉店しました。)

数週間前、”友達”の誰かが、Facebookでこの記事を紹介していました。記事は2008年と古いのですが、店に何があったのか知りたくて、ちょっと頑張ってみました。なかなか面白い内容でしたが、私には手強い文章だったので、わかるところだけを抜粋して、箇条書きにしました。
----------

http://www.unt.se/kultur/musikoumlrat-jubilerar----och-staumlnger-229579.aspx
Musiköratは記念を祝うーそして閉店する
2008/09/11 updated 2010/02/25

(別欄)レコード店はますます少なく
2008年前半期のアルバムの売り上げは、2007年の同時期と比べると9.3%減少した。同時に、デジタル(ダウンロード)の売り上げは8.1%増加した。この10年でスウェーデンのレコード店の数は半分近くになった。

(本文)
・(2008年)10月1日、UppsalaのMusiköratは30周年を迎える。記念日と同時に、レコードショップは閉店する。Peter EricsonとHans Lundinによると、原因は近年のアルバムの売り上げの減少だ。9月11日金曜日から一掃セールを開始する。
・Musikåratが30年前に開店したとき、「ミュージシャンがオーナーのレコードショップ」という触れ込みだった。当時の3人のオーナーは、Ingemar Bergman、Hans LundinとPer Guldbrandsen。"örat"で働いていた者達はみんなミュージシャンだった。ミュージシャン達(例えば、Hans LundinとIngemar BergmanはKaipaで演奏していた)が、ツアーの合間のどこかで働く、というのが、店のアイデアの一つだった。
・しかし主たるアイデアは、他のレコードショップで扱わないであろう音楽を売ることだった。「僕たちは音楽を売るんだ、石鹸じゃなくてね。」と、1978年9月25日のUNTの記事でPerは話していた。倉庫にはディスコ、ダンスミュージック、カントリーはないだろう、と述べている
・「僕とPerはSkivbolagetというお店で働いていたんだけど、Bowieのような良いアーティストがいる一方で、Boney Mみたいなアーティストを売り込むことにうんざりしていたんだ」(Peter Ericson)
・長年店で働いていた者の多くは、音楽業界で先鞭をつける地位になった。Wille Russmark、Ingemar Bergman(元Kaipaのドラマー)、Germund Stenhag(現在Sveriges RadioのDJをしている)、Nicke Rune(Bockatillossというバンドのギター/歌をやっている)、Jakob Ekendahl(情報見つからず。Lasse Stefanzというアーティストの周囲でこの名前を見るが(Warner Musicの人らしい)、同一人物か不明。)、そしてPer Guldbrandsen。
・Peter EricsonはUppsalaのKungsgatanで、新しいレコードショップを始める予定だ。
・「僕らはとても不思議なアイテムを持っていた。フェロー諸島の女性の音楽とか。明らかにすべて、人々が欲しいと思わないようなものだね。他の人々に見つけられていない市場で作られたんだ。でも僕たち、Drottninggatanに移動する前は、働いても、明らかにそれがいい経済状態をもたらさない、そういう人間達だったんだ。」(Hans Lundin)
・Musiköratでは、人々も、他の店とは異なるルートからもたらされたレコードを買った。毎週ロンドンのZanderレコードから配達が来た。その結果、70年代の終わり頃には、店はシングル盤のスペシャリストになっていた。Musiköratはまた、レゲエの専門家にもなった。
・「僕は一度、ロンドンのJet Star(レゲエやヒップホップで有名なレーベル)に立ち寄って、レゲエの7インチ盤(sju-tummarre)を選んだんだ。二人のラスタが『ご自由に』と言って、分類されていない山の中に何メートルものシングル盤が置かれていたよ。」(Peter Ericson)
・Musiköratは、バルバドスから直接レコードを輸入していた。ヨーロッパで初めてBunny Wailers(レゲエで有名なヴォーカリスト。Bob Marleyと活動していたこともある)のアルバムを扱った店になった。その輸送費もまた彼らにとってショックなものとなった。それから彼らは事前に言ったとおりの値段で売らざるを得なかった、損失付きで。
・「当時、レコードの発売というのは大きな出来事だったんだ。誰かが新しいアルバムをリリースすると、店の外には長い行列が出来たよ。今では、最も興味深いんだけど、みんな新しいアルバムが店に入る前に、ネットで聞いてしまっている。」(Hans Lundin)
・店舗では、多くのプロモライブが、Musiköratで行われた。Lars Winnerbäck、Stefan Sundström、Monica Zetterlund(Louis Armstrong, Bill EvansやQuincy Jones等と共演したことがある、スウェーデンのジャズ歌手)、The ArkWeeping Willowsが店で演奏した。去年のTimo Räisänenが最後となった。
・「Wilmer XがSysslomansgatanのショーウィンドウで演奏したときはすごかったよ。」(Hans Lundin)
・たくさんのアーティストが店を一杯にした。またある時、Robert Brobergの場合は、ほとんど誰も来なかった。Rolf Wikströmもまた、二人より多い人数が居ない中で参加しなければならなかった。「でも、(観に来た)一人の女性は、彼女のアイドルとお茶をして、とりあえずその時は楽しかったよ。」(Hemming Hedenström)
・90年代の初めに、大きなレコード会社のミスで恩恵を受けることになった。Nirvanaの「Nevermind」の発売が遅れた時だ。Musiköratは何度も特別に輸入をして、他の店舗が取り扱う前にたくさん売った。
・「70年代に、僕たちがEbba Grönの「We're Only In It For The Drug」をショーウインドウに飾ったら、穏健派の政治家が入ってきて、『これはドラッグの宣伝活動だから、警察を呼ぶぞ!』と叫んだんだ。」(Peter Ericson)
・長年、困った顧客は多くいたが、、本当にひどい客はとても少なかった。ほとんどの日は、自分たちが興味があるものを仕事とすることに、光栄な気持ちを感じていた。そして彼らは、同好の士達と出会った。

----------
文章を読んでいただければわかりますが、KaipaのHans Lundinが関わっているお店なのです。2012年、再度HFMCを観に、Uppsalaへ行った時に、この店にも立ち寄りました。中に入ったらHans Lundinが店員(おそらくPeter Ericson)とフツーに立ち話をしていて、びびりました(笑)。正直言うと、商品の品揃えはプログレオンリーではありませんし、それを求めるなら、新宿界隈をうろついた方が収穫が多いでしょう。それでも、スウェーデンのプログレが好きな人には、話のネタに、ぜひ立ち寄って欲しいお店です。ちなみに店名を英語に直すと、"Music-ears"になります。
UppsalaはStockholmから急行で40分ほど。上野から取手、あるいは東京から三鷹くらいでしょうか(他の地域での例はわからん)。日帰りは十分可能です。

長くなったので、店舗の所在地を次のエントリーで、画像をベタベタ貼って説明します。

Comment

非公開コメント

プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。