nerve

Category : Hasse's Blog
kjell_laugh.jpg
photo from Hasse's facebook

It doesn't matter who you are, where you come from or what kind of music you're playing. To me "the nerve" has always been an important part of music. "The nerve" is for example not about songwriting, playing or production, it's bigger than that! It's something that might happen when the sun is in the right place, you've just had the perfect dinner, the sound in the headphones are spot on and you feel like you're one with the music. Not even that can guarantee you'll end up in the sweet spot together with your bandmates. It's a force you can not trust since it's not reliable at all but if it happens you'll definitely hear it, I mean a simple D major chord you've played thousands of times before all of a sudden becomes magic, 10 times as big, ten times as beautiful or whatever and without a question you'll feel it as well, as it gives you a "tingeling feeling" with your feet above the ground.

As a matter of fact I sometimes get a sense of when a band hit that nerve while recording. It's rare but I've heard it on records by artists all the way from Yes-Abba-AC/DC-Wilsson Picket and as you understand I've heard "lots" of more artists do it. Guess the one that most frequently are able to touch it is Pat Metheny. His music are beyond beautiful and Pat and his musicians are always 100% in the zone and very often creates pure magic. Well...For information: This is not science, it's a personal thing and no matter some extraterrestrial help or not, I am/we are very happy with our, latest baby HFMC.

Here's a link for pre-ordering the new Hasse Fröberg & Musical Companion album: https://www.burningshed.com/store/glassvillerecords/

----------
君が何者であろうと、どこから来たとか、どんな音楽を演奏しているとか、そういうのは関係ないんだ。僕にとって音楽とは"気力/活力"(the nerve)が最も大切なんだ。"気力/活力"とはソングライティングや演奏やプロダクションとかそういう事ではなく、もっともっと大きい何かなんだ!太陽が正しい位置にある時、パーフェクなディナーをとった時、ヘッドフォンから流れる音がピタっとはまった時、音楽と共にあるような感覚。そんな感じなんだ。バンドメンバーと必ずしもそのスウィートスポットを共有出来るとも限らないんだ。決して信用の出来ない何かの力なんだけど、それが起こった時、確実に"それ"は聴こえるんだ。例えば、ただ普通にDメジャー・コードを弾いた時、何十倍もデッカく、何十倍も美しく、そんな魔法のような瞬間があるんだ。それは君にもはっきりと感じとれるはず。地面から足にゾワゾワって来るんだ。

レコーディング中、バンドがその"気力/活力"を引き出したって感じる時があるんだ。滅多にないんだけど、例えばYESやABBA、AC/DCやWilson Picketのレコードで聴いた事があるんだ。勿論他にも沢山のアーティストが成し遂げている。それにいつも触れている、と感じるのはPat Methenyなんだ。彼の音楽は美しさを通り越している。彼が使うミュージシャンは100%そのゾーンにいて、純粋なマジックをいつも起こすんだ。言っておくけど、これは科学じゃないんだ。もっと個人的なもので、どんな地球外からのヘルプがあろうとなかろうと、僕たちは僕たちの最新作であるHFMCに満足しているよ。
(和訳:The Flower Kings Fanclub Japan)

----------
 管理人もありますね、この「ゾワゾワ」っていうの。滅多にはないんだけど、それに出会ったときの感覚は強烈です。そのまま魂がどこかに連れて行かれてしまうような感覚。そういう作品に出会えることも稀ですが、出会えた人は多分、音楽ファンを一生やめることはないだろう、と思います。はたして、「HFMC」はそういう作品になったでしょうか…?

 じつは某ルートを通じて、アルバムを入手してるんですが(^^;)、前2作とは違いますね…。コアは変わらないんだけど、提出の仕方が変わったというか。プログレファンは、今回の方が取っつきやすいかもしれません。

Comment

非公開コメント

プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる