middle age crisis (light version)

Category : Hasse's Blog
sdressing.jpg

This photo started me processing a lot of things in my head. I am 51 years old and here I am sitting in a dressing room that's about three square meters together with TFK keyboardist and good friend Tomas Bodin. Shouldn't I be sitting at my office with huge panorama windows making lots of money at my age? Well, apparently not. I have to confess, somewhere in the middle of the recording of HFMC, I kind of lost steam. Thoughts like is it worth it? What will my bank account look like when I retire if I continue to do this? Questions like that occured in my head from out of nowhere. Looking back at it, it was probably me dealing with the passing away of my mom and probably also a kind of "upper middle age crisis" (light version) to top it all (Holy Mother of Christ...that did not sound good). Anyway, life has it's ups and downs I guess and now that the energy is back, it brings a whole new perspective to the question "is it worth it"

Of course it's worth it! if you think of all the wonderful people I met and all the wonderful places I've seen thanks thanks to the music...Hell Yeah I wouldn't change a thing! In fact the last phrase of the song "Can't Stop The Clock" sums it up nicely as I sing: "It's much more fun than it's ever been!

Before I forget I must say thank you to Daniele Rebecchi and Vincenzo Pastore who took the photo and for helping me out finding it. Remember you can still pre-order our new album HFMC from Burning Shed at a reduced price as well as you'll get an early shipping (you'll have the album by the 9th of March): https://www.burningshed.com/store/glassvillerecords/

----------
この写真は、僕の頭の中にあるたくさんのことを取り組むきっかけになった。僕は51歳で、ここ3平方メートルのドレッシングルームに、TFKのキーボーディストで親友のTomas Bodinと一緒に座っている。大きく広い窓がある自分のオフィスに座って、お金儲けをしているような年齢であるべきじゃないか?うん、見た感じ違うようだ。僕は認めなければいけない、HFMCのレコーディングの最中のどこかで、僕は勢いを失ったようだった。これは価値があるのか?もしこれを続けていたら、リタイアしたときに僕の銀行口座はどうなっているんだろう?、みたいな。そんな疑問がどこからともなく浮かび、頭を占拠した。振り返ってみると、おそらく母親の死去のゴタゴタがあったし、その上に、多分「中年の危機」(の軽いヴァージョン)もあったんだと思う(マリア様・・・いい感じではなかったね)。とにかく、人生には浮き沈みがあって、今は活気が戻ってきたと思うし、「これに価値があるのか?」の新しい展望をもたらした。

勿論、価値があるんだ!僕が出会ったすべての素晴らしい人達と、今まで見てきたすべての素晴らしい場所について考えたら、音楽さまさまだよね・・・その通り、僕は変えないよ!実際、"Can't Stop the Clock"の最後のフレーズはそれをよくまとめているんだ、こう歌ってるよ;今までよりもっとずっと楽しいんだ!

忘れる前に、写真を撮ってくれて、これを探すのを助けてくれた、Daniele RebecchiとVincenzo Pastoreに感謝しなければいけない。僕たちのニューアルバム「HFMC」のプレオーダーを、Burning Shedでまだ受け付けているのを思い出してね、割引価格とともに、早く出荷されるんだ(3月9日に入手できるよ)。
(改行変更しています)

----------
昨日、歌詞を読みながらアルバム「HFMC」を聴きました。Hasseがこんなに素の自分の生活をさらけ出した歌詞を書くのは、おそらく初めてではないかと思います。いわゆるリーダートラック的な"Can't Stop the Clock"の前半は、Spellbound時代の事を歌ってますし、後半は、このテキストの初めの主題「50にもなって、なんで音楽やってるんだ?」の答えが出ています。ずばり"Something Worth Dying For"というタイトルの歌もありますね。管理人、胸を打たれたのは"Pages"です。おそらく、亡くなられたご母堂への思いが、複雑な形で表現されています。皆様入手したら、ぜひ歌詞も目を通してみて下さい。

Comment

非公開コメント

プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる