Pages

Category : Hasse's Blog
s_mom.jpg
photo from Hasse's facebook

So here we are, the week of the release. I know some of you "pre-order guys" have already received your copy of HFMC. If you're not one of those, the album release is now on friday the 13th of March. Right now it's spring in the air, the sun is shining from a clear blue sky telling us we're heading towards warmer days and who knows, HFMC might end up the soundtrack of your spring/summer 2015? Believe it or not, the first part of this journey started in August 2013 and now after a long and winding road it's time for the second part, for this baby to leave the nest. Now it's time to see how far it can get.
During this recording Olas dad and my mom passed away and obviously it affected us and somehow set the tone for the sessions. Even if the songs were written before, I think it somehow can be heard on the album as it brings more depth to the lyrics. The only song I wrote the words to after the passing away of my mom is "Pages". Ola (the HFMC drummer) wrote the music and in the original version, the lyrics were completely different except for the title. I rewrote it at the time we were taking care of my parents old apartment, looking at all the old photos etc. which really took me on a journey...yes it's personal...too personal? Coincidentally the song "Genius" is also about this very topic but not within the family. Now you might think that HFMC is all about sorrow and grief but it's not. All in all it's a warm and "happy" album but just as life itself, it contains both darkness and light.
No matter what you think about it, this music is for real, played and sung for real, on real instruments and now all I can do is hope that you'll dig it!
https://www.burningshed.com/…/glassviller…/product/389/6405/


Thank you Lennart Runnding for send me the photo.

----------
さてみんな、(新譜の)リリースがある週だよ。「プレオーダー組」の一部がすでに「HFMC」を受け取っているのは知ってる。もし君たちがそうでなかったら、アルバムは3月13日の金曜日に発売されるよ。まさに今、春の陽気が漂い、太陽が青空で輝いて、これからもっと暖かい日々に近づいている、と話しかけているんだ、「HFMC」が君たちの2015年春/夏のサウンドトラックになってくれるかはわからないけど。まさかと思うだろうけど、このたびの始まりは2013年の8月に始まり、今長く曲がりくねった道の末に、第二部の時を迎えた、このベイビーは巣を離れるんだ。今、どれだけ遠くへ届くかを見るときなんだよ。

このレコーディングの間に、Olaの父親と僕の母親が亡くなり、あきらかにそれは僕らにも、セッションの方向を決めるのにも何となく影響を与えた。もし曲がこれ以前に書かれていたとしても、(その出来事が)歌詞に深みをもたらしたのを、このアルバムから何かしら聴くことができると思う。僕の母親が亡くなった後に、歌詞を書いた曲は”Pages"だけなんだ。Ola (HFMCのドラマー)が曲を書き、オリジナルバージョンでは、タイトル以外の歌詞は完全に違うものだった。僕は自分の両親の古いアパートメントを片付けたり、古い写真を眺めたりしているときに、(歌詞を)書き直した。それはある旅に連れて行ってくれた…そう、個人的な…個人的すぎるかな?偶然にも、”Genius”という曲もまさにこの題材だけど、僕の家族ではないよ。さて、「HFMC」は悲しみや悲嘆についてのアルバムかと思うかもしれないけど、違うからね。全体的には、暖かくて「ハッピー」なアルバムなんだけど、人生のように、暗闇と光、両方含んでいるものなんだ。
君たちがどう考えようと関係なく、この音楽は真剣で、本物の楽器で真剣に演奏し、歌っている。そして今は、君たちが夢中になってくれるのを望むだけだよ!

Lennart Runnding、写真を送ってくれてありがとう。

----------
今日13日に「HFMC」が一般リリースです!(この文章を書いているのは13日の夜中w もっと早くこのエントリーを上げたかったのですが、いろいろ用事が(^^;;))日本にも、プレオーダーした人の元にはアルバムが届いているようです。楽しまれてるでしょうか? "Pages"はアルバムの前半のクライマックスですが、歌詞についての背景を知って、さらに深く味わえると思います。
あ、あとOlaの亡くなったご尊父ですが、Spellboundの2nd「Rockin' Reckless」で、Sax奏者としてゲスト参加していた、Åke Strandbergその人です。ジャズミュージシャンだったらしいです。

上の写真はおそらく、Hasseのご両親の若い頃を撮影したものだと思われます。お母さん似ですね。
(Samla Mammas Mannaの「Dear Mamma」を思い出したよ…。)

Comment

非公開コメント

プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる