Road report: "HFMC"

Category : Hasse's Blog

Zoetermeer.jpg


Hasseによる今回のツアー総括です。写真を拝借したRockwater Productionsというのは、今回のツアーマネージメントをした会社ですが、責任者のJohnny TaxenはOlaの古い友人だそうです。ツアーに関する業務は今までHasseがやってきたので、「大変助かっている」と言っていました。彼の仕事ぶりに満足しているようですね。それと、ライブDVDについても話しています。

----------
Of course it's important to play the right notes and to sing in the right key etc but to me it's even more important to be able to touch and move people. Considering the response we'd get from the audience during and after our sets, I can only say we've been very successful in that sense and that alone is making me sitting here in my livingroom feeling happy, tired and uplifted at the same time as I'm writing this. I wish I could say we had a full house every night but that was not the case. We had poor turnouts on some occassions but not even that can take away me thinking we did the right thing. In fact I'm pretty happy how things turned out and I know that the people who attended the concerts will look at Hasse Fröberg & Musical Companion as a great live band from now on.

The chemistry between the bands and crewmembers was very good from day one and I have to lift my hat off to Johnny Taxén who really made this a smooth ride (tour management extraordinaire!). Hmmm...cough...hmmm...I hope you'll excuse me but now it's time to brag a little. This tour has taken us to Sweden (not that surprising maybe), Norway, Germany, The Netherlands, England and France and as a matter of fact people have been praising our new album, telling me it's the best one so far this year in all the countries we've visited. If you think of all the great releases so far this year I bet you understand it's kind of hard for me to take in. It's almost surreal but hey...it's very much appreciated! Hmmm...cough...hmmm...the bragging section is now over and it's time for some anecdotes. As you all know Kjelle is a funny guy - a funny guys that never sleeps. His diagnosis on the rest of us on the bus was that we suffered from narcolepsy. The reason for that was that we probably slept at night. Very often the bus starts to get a funky smell after a while on the road. It might be the smell of the clothes you're wearing on stage that are hanging in the bus to dry after the show. It could also be the scent of 14 male homosapiens living in a very limited space. Anyway, I felt sorry for the only lady onboard, Mare Thomas (merch, who did an outstanding job by the way) who had to spend 24/7 together with us and the fragrance on the bus that Kjell so nicely described as "wet German Shepherd" (whatever that is? guess he meant a wet big dog).

To you who have been asking me for a live DVD of this tour my answer is: I consider it possible. I have some things I need to check out first before I can give you a yes or a no. I'm going to leave you guys with the words that our German Tech/Roadie Olly Uhl (over 40 years in the business and has worked with every name you know of) said to me after the last show: "To have witnessed you guys playing your beautiful music with the vocals spot on and not a wrong note played for 9 nights in a row, is impressive even to me". Well it might not be 100 correct but thank you anyway Olly.

----------
勿論、正しい音を弾くこと、正しいキーで歌うことは重要な事なんだけど、僕にとっては、どれだけオーディエンスの心に触れられるか、という事の方がずっと重要なんだ。オーディエンスからの反応を見る限り、そういう意味では成功と言って良いと思う。今、こうしてリヴィングルームで一人で座って思い返すととても幸せな気分になる。これを書いている時点でとても疲れてもいるし、まだ興奮も収まっていないけど。いつもソールドアウトだったと言いたいところだけど、そうではなかった。とても少ない入りの時もあったし、でも間違った事をしていると思ったことは一度もなかったよ。事実、僕はこの結果に凄く満足しているし、見に来てくれた人たちもHasse Froberg & Musical Companionが素晴らしいライブバンドだとこれからも認識してくれるだろう。

両バンドのケミストリーもクルーとのケミストリーも初日から良かったし、今回のツアーをスムーズに進めてくれたJohnny Taxenには本当に頭が下がる思いだよ(最高のツアーマネージャーだよ!)。ゴホン、ちょっとごめんね、咳が。少し自慢し過ぎたかな。このツアーはスウェーデン(きっと驚かないと思うけど)、ノルウェー、ドイツ、オランダ、英国、フランスと回って、みんな新譜も気に入ってくれていた。どの国でも今年出た作品で一番良かったと言ってくれたけど、今年リリースされた素晴らしい作品の数々を考えると信じがたいけどね。でも、そう言ってもらえてとても嬉しいよ。ゴホン、ゴホン(咳)自慢大会はここまで。じゃぁ、いつものツアーこぼれ話を。みんな知っての通りKjelleはとても面白いヤツなんだ。一晩中笑わせてくれるんだ。お蔭で他のメンバーみんなバスの中ではいつでも強い眠気に襲われて大変だったよ。みんないつも夜は寝ているからね。バスが出発して少し経つと、変な臭いがするんだ。ステージで着ていたものを乾かているせいかもしれないし、14人もの男どもが狭い所でいるせいかもしれないし。同行した唯一の女性Mare Thomas(マーチャンダイズを担当してくれたんだけど、素晴らしい仕事をしてくれたよ)には、本当申し訳なくて。24時間ずっと僕たちと一緒で、Kjell曰く濡れたジャーマンシェパードのような臭い(どういう意味か分からないんだけど、多分濡れたデカい犬って事かな?)にさらされていたんだからね。

このツアーからのライブDVDについては、可能性はある、かな。イエスかノーと答える前にいくつかチェックしないといけない事があるんだ。最後に僕たちのテック/ローディーを勤めてくれたドイツ人のOlly Uhl(この世界に40年以上いて、誰でも知っているバンドとずっと仕事をしているんだ)が最後のショーの後に言ってくれた言葉を紹介するよ。「9晩ずっと一音も間違えずにヴォーカルも外さないで、君たちの美しい音楽をプレイし続けたのは本当に驚いたよ」。100%正しいとは言えないけど、どちらにせよ、Olly、ありがとう。
(和訳:The Flower Kings Fan Club Japan)

Comment

非公開コメント

プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる