Sucker for guitar solos

Category : Hasse's Blog
s_hasse136.jpg
photo by Serge Llorente


Been listening to lots of different music lately (including our own) in order to figure out what HFMC is about. With this method I'm trying to find out what's essential in our music. I've now come to the point where I'm trying to make music of the ideas I have. Some of them are more or less finished songs, some just pieces or fragments of what might become a song. If everything works well this is the part of the process I love the most. When you're alone with your guitar, pen and paper and maybe blessed with a little bit of luck, those things can become a key that can open doors to hidden worlds, even within yourself. Believe me when I say, an acoustic guitar and a healthy dose of imagination keeps the doctor away.

Did I just tell you I've consumed huge amounts of music lately - yeah, guess I just did. What I'm about to tell you has nothing to do with science, it's probably just rubbish. Anyway, I've been a sucker for guitar solos since I started to walk. For the last days I've come to the conclusion that Swedish guitar players have a different way of arranging their solos. Once again this is just my opinion and the only reason I dare write this is because I DO NOT consider myself to be a leadguitarist. I'm not going to mention any names and before I forget, I'm not saying Swedish guitar players are better than others but many of them have another "melodic language" than players from other countries, other parts of the world.

I guess rock guitarists of today are amongst other things influenced by blues and Anglosaxon music from the sixties and onward. What differs the Swedes from the rest of the world the way I see it, is the melancholy tone (in their fingers) and the way they let classic Swedish folk music influence their way of composing and arranging the melodies. I think this is a heritage that has been passed on by the mothers milk from generation to generation for hundreds of years. I can almost hear the sound of an accordion and a violin playing in a little red cottage on a saturday night some 250 years ago when I think of this.

The photos from our gig in Paris are taken by: Serge Llorente

Talking about beautiful notes and fine music. Remember you're all invited to Sweden Prog Fest 2015 in Stockholm. There'll be lots of great bands and lots of fun. HFMC are playing on friday the 20th of November and we're on at 9 o clock pm. This is where you can find tickets: http://www.tickster.com/sv/events/search?q=sweden+prog

----------
「ギターソロに夢中」
最近、(自分のも含めて)色々な種類の音楽を沢山聴いているんだ。HFMCとは何か?を探るためにも。このやり方で僕たちの音楽の中心にある不可欠なものを見つけようと思ってね。今、自分が持っている音楽のアイディアを形にしようとしているところなんだ。何曲か完成に近いものもあるし、断片だけのものもある。全てが上手くいってくれれば、この作業が僕が一番好きな時なんだ。ギターと紙と鉛筆とほんの少しばかりの幸運とを持って一人でいると、未知の世界への扉を開いてくれるんだ。君たちの中にもあるんだよ(未知の世界への扉が)。アコースティック・ギターと健康的な想像力は医者を遠ざけてくれるよ。本当なんだから。

そういえば、沢山の音楽を聴いている、って話したっけ?そうなんだ。今から話す事は科学とは無関係だし、くだらない事だよ。この仕事を始めてから、僕はギターソロに夢中なんだ。最近、スウェーデンのギタープレイヤー達は他のギタープレイヤーとは違う方法でソロを練り上げているんじゃないかな、と思うんだ。これはただの僕の意見だけどね。僕自身、自分をリードギタリストと見たことがないから、こんな事が書けるのかもしれない。特に誰、という名前を上げようとは思わないけど、忘れない内にこれだけは言っておくけど、別にスウェーデン人ギタリストが他の国の人より優れている、とか、よりメロディアスだとか言いたいわけじゃないんだ。

ロック・ギタリストと呼ばれる人たちは基本的にブルーズや60年代などのアングロサクソンの音楽に影響されていると思うんだ。スウェーデン人が他の国の人と違うのは、メランコリーな音の出し方とアレンジや作曲をするときにスウェーデンのフォーク(土着の)音楽からの影響を(無意識に)取り入れているからだと思うんだ。これは何百年にも渡ってご先祖様から受け継がれてきたものだと思うんだ。こう考えると、250年前の赤いコテージで土曜の夜にアコーディオンやヴァイオリンが演奏されている様が思い浮かぶんだ。

美しい音色と素晴らしい音楽の話が出たところで、今年、ストックホルムで行われるSweden Prog Festに来てくれよな。沢山の素晴らしいバンドが出るし、楽しいものになるだろう。HFMCは11月20日(金)9時から出るよ。
(和訳:The Flower Kings Fan Club Japan)

Comment

非公開コメント

プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる