seven-day terrorism (1)

Category : 翻訳
これから1日1ずつアップする記事は、今年の2月頃、Hasse Fröbergがfacebookにアップした文章です。基本、英語で書き込みをする人ですが、このシリーズはスウェーデン人向けだったようで、ほぼ全文スウェーデン語です。

以前mixiで流行った「バトン」のようなもので、1日1曲ずつ7日間、特別な思い出がある曲(好きな曲とは限らない)について書くというもので、当時スウェーデンのコミュニティで流行っていたそうです。1曲アップする度に、次の「人」を指名するルールもあったようで、HasseはMoon SafariのPetter Sandströmから指名されました。ちなみにHasseは人の指名はしていません。彼の音楽遍歴を垣間見るようで、大変でしたが、なかなか興味深い作業でした。

毎度「翻訳」の回には言っていますが、私はほぼ独学でスウェ語をやっているので、誤解した訳もあると思います。今回は本当に分からないところは本人に確認してもらったので、大きな間違いはないと思いますが、意味不明な日本語があっても見逃してください(^^;)。

----------
Dag 1
Hej Petter Sandström, jag tackar allra ödmjukast för förtroendet. 7 dagar! Jag måste erkänna att tid är hårdvaluta i tider som dessa men jag ska se vad jag kan göra ( oj...det lät märkvärdigt det). Till att börja med så måste jag erkänna att jag alltid föredragit album framför låtar. Detta av den enkla anledningen att det ger mig mer. Att lyssna på en hel platta är enligt min mening mycket intressantare och gör upplevelsen större än att bara lyssna på en låt.

Som sagt 50+ innebär att man har avverkat olika genrer under olika perioder i livet (diggade Van the Man som fan ett tag under 90-talet) men det är klart, det finns alltid vissa artister, plattor, låtar som har hängt sig kvar sedan man var liten. Under årens lopp har det blivit allt mer sällsynt med dom här riktiga "aha upplevelserna" eller att få sig en riktig haksmäll kanske är en bättre beskrivning? Hur som haver, någon gång under 90-talet hörde jag "Grace" med Jeff Buckley. Klockorna stannade och hans sångröst kröp in under skinnet på mig och inte nog med det. Det finns ett helt gäng fantastiska låtar på skivan också. Jag skulle kunna ta vilken som helst men en dag som denna väljer jag "Lover you should've come over".
Oavsett vad det blir för låtar så ska dom icke rangordnas och faktum är att om Petter skulle fråga mig detta om ett halvår så kanske det skulle se annorlunda ut. Ha det så fint och sköt om dig nu unge Herr’n!

Jeff Buckley- Lover, You Should've Come Over
https://youtu.be/hXe1jpHPnUs

----------
1日目(2月9日)
やぁ、Petter Sandström、依頼してくれて誠にありがとう。7日!あまり時間がないと言っておかなければいけないけど、できるだけやってみるよ(あぁ、変に聞こえるね)。まず始めに、僕はアルバムを頭から聴いていく方が好きだってことだ。その方が僕に与えてくれる物が大きい、という単純な理由だよ。アルバム全体を聴くということは、僕の意見だけど、ずっと面白いし、たった一曲を聴くより多くの経験をさせてくれるんだ。

50歳以上というのは、人生の異なる期間において様々なジャンルをカヴァーしてきた、と言われる(90年代、僕はVan Morrisonに死ぬほど入れ込んでたんだ)、でもこれは明白だよ、いつでも長く生き残るアーティスト、アルバム、曲は君が小さい時から存在している。時の経過の中で、しっかりした「アハ体験」をするのはどんどん稀になっていく、それか、ガツンと殴られる、と言った方がいいかな?とにかく、90年代に僕は何度もJeff Buckleyの「Grace」を聴いたんだ。時は止まり、彼の歌声は皮膚の下に忍び込み、それだけじゃなくて、アルバムのどの曲も本当に素晴らしいんだ。どの曲を選んでもいいけど、今日は”Lover You Should've Come Over"にするよ。

どういう曲になるかは別にして、これはランク付けするものではないし、実際、Petterが半年後に僕に尋ねたら、多分違うものになっていただろうね。ではみんな、ごきげんよう!

Comment

非公開コメント

プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる