スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

seven-day terrorism (5)

Category : 翻訳
Dag 5
Gitarristen såg ut som om han var medlem i Iron Maiden 81. En av damerna hade en riktigt skön Pippi Långstrump utstrålning medans Bryan Scary själv såg ut som en korsning av Jerry Seinfeld och Ben Stiller. Ja denna 10-manna orkester bestod sannerligen av en brokig samling människor.

2012 var jag i USA med HFMC för ett antal spelningar och då bl.a på Roxy and Dukes i New Jersey där just Bryan Scary & the Shredding Tears skulle öppna för oss. Little did I know...detta var en måndagkväll, kanske inte den sexigaste kvällen i veckan och killarna och tjejerna i bandet släntrade in en efter en under säkert två timmar (förmodligen direkt efter deras "vanliga" jobb?). För att göra en lång historia kort. Efter vår soundcheck gör Bryan och hans hantlangare en snabb linecheck och lagom till att vi fick in maten backstage så dundrade dom igång och jag lovar att samtliga orkestermedlemmar i HFMC + undertecknad satte käket i vrångstrupen exakt samtidigt (möjligtvis med en spridning av en tiondels sekund). Vi skippade svullet och tog med oss varsin bira och gick ut och lyssnade på spektaklet istället. Den låten ni får ta del av här var deras öppningsnummer och det var minst sagt knäckande bra. ALLA detaljer du hör inklusive "Operasopranen" levererades på riktigt live. Det enda sätt jag kan beskriva deras musik men kanske framförallt deras uppträdande på, är att det lät som att Frank Zappa runt 1973 på steroider, skulle framföra musik av Sparks, Queen, Jellyfish och 10CC i en show med rasande tempo och med ett oerhört underhållningsvärde. Det mest imponerande var på sättet som alla 10 bandmedlemmar användes. Alla var hyperaktiva hela tiden, med både vokala och instrumentala insatser utan att spela i munnen på varandra. Med andra ord var arrangemangen hundraprocentiga. Efter vår show så minglade och bondade vi med varandra och dom var hur trevliga som helst men som det ofta blir, så har vi tyvärr tappat kontakten.

Jag lyckades åtminstone få med mig deras platta "Flight of the knives" som jag lyssnat grymt mycket på. Det tar några lyssningar att sortera ut alla finesser och "galna infall" men när det jobbet är gjort så har vi här en otroligt välgjord och charmig popskiva. Denna platta adresserar jag först och främst till popnördar av rang men med tanke på det ettriga och faktiskt bitvis avancerade liret så borde även fans av t.ex tidiga Yes digga detta.

Bryan Scary - Flight Of The Knife (Part One)
https://youtu.be/zg4DFWrKZYo

----------
5日目(2月13日)
ギタリストは'81年のIron Maidenのメンバーのように見えたよ。女性達の一人は、まるで美しい長靴下のピッピの輝きを持っていた一方、Bryan Scary自身はJerry SeinfedとBen Stillerを掛け合わせたようだった。そう、この10人編成のオーケストラは実にごちゃまぜな人々で成り立っていたんだ。

2012年、僕はHFMCで数回演奏するためにアメリカにいた、その時は、例えばNew JerseyにあるRoxy and Dukesで、Bryan Scary & the Shredding Tearsは僕たちのオープニングアクトを務めてくれたんだ。なんにも知らなかったんだよ・・・それは月曜日の晩で、おそらく1週間の中では最もそそられる夜ではなくて、バンドのメンバー達は2時間のあいだに一人、また一人ふらふら入ってきたんだ。(たぶん、彼らの「日常の仕事」から直接来たんだろうね。)長い話だから端折るよ。僕たちのサウンドチェックの後、Bryanと彼の仲間達は素早くラインチェックをして、僕たちが楽屋で食事を取ろうとしていた時に、彼らはゴロゴロと音を立てたんだので、HFMCオーケストラのメンバーすべてが同時に、食べ物を喉につまらせたのさ(おそらく0.1秒の間にね)。僕たちは食べ物を放り投げ、自分たちのビールを持って、外に出てステージを聴いたんだ。部分的に聴いたその曲は、彼らのオープニングナンバーで、それは控えめに言っても、頭おかしいくらいに良かったよ。「すべての」ディテール、オペラのソプラノを含めて、まさにライブで機能していたんだ。彼らの音楽を描写するただ一つのやり方、とりわけライブについては、ステロイド剤をキメた1973年頃のFrank ZappaがSparsk、Queen、Jellyfishや10CCの音楽を演奏する、それも激しいテンポで、ものすごくエンターテインメントに徹しているんだ。一番重要なのは、10人のバンドメンバーがすべて活かされていたということだね。すべてが始終ハイパーアクティヴで、ヴォーカルも楽器も、お互いやり過ぎることなく貢献していた。別の言い方をすると、アレンジメントが100%だったということだね。ショウの後、僕たちは仲良くなって、彼らはとても楽しい人たちだったんだけど、残念ながら、連絡は途絶えてしまった。

少なくとも、彼らのアルバム「Flight of the Knives」をゲットすることはできて、本当によく聴いたんだ。すべての細部と「クレイジーなアイデア」を見極めるのに時間がかかったけど、その作業が終わると、これは信じられないくらい良く作られた、魅力的なポップアルバムだと分かったんだ。この作品は、ポップスが好きな人たちに受け入れられると思うし、もし彼らの高度な演奏を考慮するなら、初期のYesが好きなファンには絶対好きになる可能性があると思うよ。

----------
このバンドについてまったく知らなかったので、ちょっと調べてました。
Bryan Scaryはブルックリン出身のミュージシャン。2006年に、ほぼ一人で多重録音して作り上げた「The Shredding Tears」でデビュー。ライブではThe Shredding Tearsというバンドと共に演奏するスタイル。とはいってもEvil Arrowsという別のバンドを結成したり、ソロ名義で作品を作ったりしているようで、あまり形態にはこだわりがないようです。HasseがリンクしたYouTubeの曲は、2008年にリリースされた「Flight of the Knife」という作品のオープニング・ナンバー。10人編成の動画は見つけられなかったけど(おそらく特別編成だったのではないかと)、5人編成のライブの動画はYouTubeで見られます。このライブなんかは、ハイテンションぶりが伝わるのではないでしょうか。

Comment

非公開コメント

プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。