FC2ブログ

credibility

Category : Hasse's Blog
stour2018_2.jpg


HFMC
Honestly I think we've reached another level with the latest two gigs, which is interresting since we haven't played that much lately. The way I see it it's our constructive discussions that have paid off. In short I asked the lads, "what can we do to make the band sound better?” I have to give them cred because everyone put in a big effort trying to improve their input, with the result the band sounds more convincing than before. I'm glad that also reflects on the audience since it looks to me we've gained some new fans the last two weeks. Now we just have to keep the spark up until the 29th of December when we're playing at the Crosslands Festival in Ulft in the Netherlands but before that it's time for…

The Flower Kings Revisited
...or Roine Stolt and friends plays The Flower Kings. In the best of worlds this would have been a TFK reunion but I guess that won't happen, at least not now or in the near future. No matter how you look at it, even if we've all been a creative force in the group and we've all put our own significant stamps in the music, for as long as I've been in the band TFK has always been Roines baby. He's put in the work 24/7 for maybe 340 days/year for over 20 years (while we approximately have put in maybe 90 days/year rehearsing, recording, touring). Anyway, I got the question from Roine at the beginning of the summer and to tell you the truth I really had to think twice before I said yes but now I'm really looking forward to play the music again and this time with TFK Revisited...maybe for the last time? In November there'll be shows in South America and in December we'll hit northern Europe with Spocks Beard. Hope to see you guys!

----------
HFMC
正直なところ、最近の2回のギグで、僕たちはもう一つ上のレベルに到達したと思う。興味深いよ、だってここのところ、僕たちは演奏してなかったんだよ。僕たちの建設的な話し合いが実ったというのが僕の見方だ。手短に言えば、僕は彼らに尋ねた、「バンドのサウンドをもっと良くするために僕たちに何ができる?」って。 彼らを信頼しなければいけない、なぜならみんな、自分たちのアイデアをさらに良くしようと、多大な努力を投入してきたんだから。その結果、バンドが以前よりもっと説得力のある音を出すんだ。オーディエンスからの反応も嬉しいよ、というのは、この2週間で新しいファンが増えたようだから。さてこのきらめきを、僕たちがプレイする12月29日の、オランダのUlftで行われるCrosslands Festivalまでキープしなければいけないんだけど、その前に…

The Flower Kings Revisitedの時間だ。
・・・それか、Roine Stolt and friends plays The Flower Kings。理想の世界では、これはTFKは再結成になっただったろうけど、僕が思うに、それは起こらないだろうね。少なくとも今、あるいは近い将来は。君がどうバンドを見ていようと、たとえ僕たちみんながグループにすべての創造的な力を注いだとしても、そしてその音楽に大きな印を残そうとも、バンドにいる限りは、TFKはいつでもRoineのものだってことだったんだ。彼は四六時中、おそらくこの20年で1年に340日この仕事に力を注いできたよ(その上、約90日はリハーサルとレコーディングとツアーだね)。とにかく、夏の初めにRoineから訊ねられて、実を言うと、僕が「yes」と言う前に本当によくよく考えたんだ。でも今は(TFKの)音楽をプレイできるのを楽しみにしてるよ、今回はTFK Revisitedとね・・・多分、最後じゃないかな?11月に南アメリカでショウがあって、12月にSpock’s Beardと北ヨーロッパを回るよ。みんなと会えるといいね!

----------
(以下個人的感想)
(折りたたみます)

意気揚々なHFMCに比べて、The Flower Kings Revisitedについては複雑な気持ちになる書き込みです…。もうTFKは存在していなくて、Roine Stoltがその時々で気の合うメンバーと作っていくようになるのでしょうか。少なくとも「バンド」という形態を捨てたような印象が受けました。結成時から共に活動してきたTomas Bodinが何故切られたのかの説明もなく。

もっとも、将来どうなるか分かりませんけど。

HasseのFBの書き込みにはいつもタイトルはありません。私が内容を読んでから適当に付けています。Hasseは、HFMCについてはリーダーとしての視点から書いています。一方TFKでは、彼は一メンバーとしての視点で書いています。私は二人のリーダーの、他のメンバー達に対する信頼度の差を感じたので、このタイトルを付けました。

南アメリカツアーとSpock’s Beardと廻るInside Out25周年ツアーの日程は画像を参照してください。いちいち書き出したりリンク貼ったり、手間かけるのも嫌になるくらいなんかもう悲しいんですよ…。

あ。今回一緒にツアーするメンバー、Mirko DemaioはイタリアのバンドMind Keyのドラマー、Zach KaminsはAn Endless Sporadicのキーボーディストのようです。

Mirkko De Maio(kが重なるのが本来の書き方らしいです)
https://www.facebook.com/mirkko.demaio

Zach Kamins
https://www.zachkamins.com/home

(上の感想は、FCやバンドメンバーとは何の関係もなく、私個人の意見です)

Comment

非公開コメント

プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる