(no title)

Category : Hasse's Blog
It's really nothing to write home about but how is it possible? How can music still be this fun? In the middle of trying to complete the No Place Like Home live DVD we started to work on the new material yesterday. Enthusiasm, focus and inspiration are some of the words that comes to my mind when I'm thinking about the session. And by the way, the guys seemed to like the new music and that makes everything a lot easier. A fabulous and sunny monday to you all!

(no title)

Category : Hasse's Blog
Sitting here doing the "final touches" mixing the No Place Like Home live DVD together with sound engineer Petrus Königsson. Right now I'm realizing we're doing two songs from FuturePast, two songs from Powerplay, two old TFK tunes and even two new ones as well as a couple of songs from our latest album HFMC. Yep, this gig is really turning out like a showcase of my last twenty years.

To be honest we didn't do much on this project this summer but better start late than never. Talking about it, over here it's all of a sudden summer again but right now it feels good to work on the studio tan for a while.

Peter Ericson

Category : ニュース
Spellboundとは直接関係ありませんが、残念なニュースがありました。

Uppsala中央駅近くにあるCDショップ「Örat」のオーナー、Peter Ericsonが8月12日に急逝しました。彼は70年代にRävjunkというバンドで活動し、1978年にHans Lundin (Kaipa)と共にレコードショップ「Musikörat」を始めました。お店は2008年にいったん閉店したものの、名前を「Örat」に変え、現在の中央駅の近くで再び営業を始めました。新しいお店は、おそらくEricson氏が一人で経営していたと思われます。

Öratについては、以前翻訳記事をアップしました。
http://spellboundjp.blog82.fc2.com/blog-entry-341.html

Hasseも大変ショックを受けたようです。


現地情報によると、お店を継ぐ人がいなければ、このまま閉店になってしまう可能性が高いかも…とのこと。Uppsalaを訪れた時は、必ず立ち寄るお店でした。スウェーデンでもあまり見かけなくなった、オーナーにこだわりのあるCDショップだったので、大変残念です。故人のご冥福をお祈りします。

Toys in the attic

Category : Hasse's Blog
spresscut.jpg
photo by Hasse Fröberg

Toys in the attic...not really but I found some fun memorabilia. Cleaning and sorting out the attic is something we should have done ages ago but we always seem to find a lame excuse, to do it later. Anyway, our daughter Malvina is moving out of the house so we could not postpone it anylonger. Here we are with boxes of different stuff and furniture that Malvina has bought and repainted. The house is frankly a mess at the moment but this messy house is a part of life and I'm perfectly cool with that.

From one thing to another, the press cuts are from my post Spellbound pre TFK band called Solid Blue.
The live pic is me at 16 years of age playing in Östervåla Folkets Park back in 1980.

----------
屋根裏部屋のおもちゃ・・・ではないけど、面白い記念品を見つけたよ。屋根裏の整理整頓は、長い間やらなくてはいけなかったんだけど、僕たちはいつもしょうもない言い訳を見つけていたようだね、後でやろうって。とにかく、僕たちの娘Malvinaが家を出て行くので、もうこれ以上延ばすことができなくなった。ここにはMalvinaが買って塗り替えた、いろんなものが入った箱と家具があるんだ。家は率直に言って、今はごちゃごちゃなんだけど、この散らかった家は人生の一部で、それについてはまったく構わないと思う。

話は変わるけど、新聞の切り抜きは、Spellboundの後、TFKの前にやっていた、Solid Blueというバンドのものだよ。ライブ写真は、16歳の僕で、1980年にÖstervåla Folkets Parkで演奏してた時のものだ。

----------
Solid Blueは、Spellbound解散後に結成されたハードロックバンドです。唯一リリースされたCD「Vol. III」には、Facesが好きなHasseの趣味を反映したように、Python Lee Jacksonの"In A Broken Dream”(Vo.がRod Stewart)が収録されています。スウェーデンですがいわゆる「北欧美旋律」的な要素はなく、むしろブリティッシュ寄りHRと言えましょう。ギタリストのSören Cederbergが、イタリアのサイトを通じてCDを売っていた時もあったのですが、現在は入手困難になっています。Sörenがバンドの「記録係」だったようで、彼のサイトで切り抜きのスキャン画像を見る事ができます。
http://www.angelfire.com/band/pandora/Solid.html
(左サイドの「Pressreleases」の下に並んでいるリンクをクリック)
全部は読んでいないのですが、このリンクの記事は、Örsundsbroという小さな村で、初めてロックコンサートが行われる事になった、結構いい話だった記憶があります。

でも、右上にあるホッケーのユニフォームっぽいものを着た写真は初めて見たかも・・・。

SörenはSolid Blueの動画もいくつかアップしていて、それについてはこちらのエントリーで暑苦しく書きました。私は今でも時々観に行きますよ(^^;)。

最後の「16歳の僕」の写真は、Hasseのfacebookを見てね。時期的にはSpellboundの前ですね。ふふ。

positive vibes

Category : Hasse's Blog
hfmc01_054.jpg
photo by momodisson

The people I spoke to while on tour, some of them I had met before, some of them I hadn't, made me aware of one thing. They wanted us to keep the positive character we have in our sound. If I'm to believe the majority of those people, that's what separates us from a lot of bands today. It's not that I don't understand what they're saying but a lot of our music is in minor (as if that matters) and lots of the lyrics are far from uplifting. Still, if that one thing is important to some and it's the impression they get of our music it's fine by me. In fact it's great!

7 new songs later and all of a sudden those small "tour chats" just popped up in my head. To you guys, I really don't know what to say except for that I've written the songs the way I always do. One thing is for sure, the world out there doesn't exactly help out making the music and lyrics positive but imho I think I've managed to keep the balance in a good and "typical" HFMC kind of way (so far).

After some time off this summer it's time to get back in the groove again. Petrus Königsson and me will soon start mixing the "No Place Like Home" Live DVD and it won't take long until me and the lads will start to work with the new material. As if that wasn't enough, Kjell Sandberg and of course HFMC will finnish off the recording of the new song within the coming weeks. Busy times ahead...me like!

----------
ツアーで話をした人々、何人かは以前に会ったことがあり、何人かは会ったことのない人たちだったけど、彼らはある一つの事を僕に意識させたんだ。彼らは僕たちの音楽の中にあるポジティヴなキャラクターを保って欲しいと思っていた。もしこれらの人々の大多数を信じるなら、それは今時の多くのバンドと僕たちを分けているものだよね。彼らが言っている事を僕が理解していないのではないけど、僕たちの多くの音楽はマイナー調だし(あたかもそれが重要なことみたいに)、歌詞の多くは気持ちを高揚させるものとは程遠い。
それでも、そのことが誰かにとって重要で、彼らが僕らの音楽から受けた印象なら、僕にとっては問題ないね。むしろ、すごいことだよ!

7つの新曲の後で、突然、それらちょっとした「ツアー中のおしゃべり」が僕の頭に浮かんできたんだ。君たちに対しては、(新曲は)僕がいつも通り書いた曲である、と言う以外に、なんと言ったらいいか分からないな。ひとつ確かなことは、この世の中は、音楽や歌詞を肯定的に書くにはまったく助けにならないけど、個人的意見では、バランスを上手く、「典型的な」HFMCのやり方みたいなもので保ったと思うよ(今のところね)。

夏の休暇の後で、そろそろ流れの中へ戻る頃合いだ。Petrus Königssonと僕はすぐに、「No Place Like Home」ライブDVDのミックスをスタートして、それから、僕と他の連中が新しいマテリアルの作業を始めるまでには、そう時間はかからないだろう。それだけでも大変なんだけど、Kjell Sandbergと、言うまでもなくHFMCは、来たるべき日々に新しい曲のレコーディングを終わらせるつもりなんだ。忙しくなりそうだ・・・好きだけどね!

DPRPoll 2015

Category : ニュース
0509live_082.jpg
photo by momodisson

オランダの老舗プログレニュースサイト、Dutch Progressive Rock Pageの人気投票、ようやく結果が出ました。HFMCの「HFMC」は8位にランクインしました!ヽ(≧∀≦)ノヤター

こちらです。

DPRPは「HFMC(と3RDegree)はダークホースだ」と言っていますが(^^;)、プログレ系のリリースが多かった2015年、326タイトル(人気投票にエントリーされたアルバムの枚数)の中で8位というのは、まぐれでは出ない結果だと思うのですよね。Hasseも「ツアー中に話した人の多くは作品を本当に気に入っていたみたいだから、『番狂わせ』だとは思わないよ」(意訳)とfacebookでコメントしていました。

とはいえ、結構結果を心配していたワタクシでした…口だけなら何とでも言えるじゃないですか

点数(score)と投票人数(votes)の対比を見ますと、投票数は下の順位のアルバムより低いのに、点数が高いケースもあります。「HFMC」に投票した人は、本当に作品に入れ込んでる人たちで、1位とか2位で投票したのではないかな、と想像しました。

DPRPollは、今年からシステムが変わって、投票項目がかなり少なくなってしまいました。集計が大変だったと思いますが、今回「ベストライブ」がなくなってしまったのは残念だったなぁ。HFMCは、もともとライブバンドを自負している人たちですけど、去年のライブの成長っぷりは私も驚くほどで、もしかしたらアルバムよりも上の順位を望めるかも、と(勝手に)予想していたものですから。

ただいまHFMCは、DVD「No Place Like Home」の制作と、新作の曲作りに励んでいます。DVDが出るのは今年の秋頃ではないかと思われます。楽しみです(^^)。

New Studio

Category : Hasse's Blog
sHFMC2016.jpg
photo from Hasse's facebook

I've seen some comments and posts lately that we're in the studio recording a new album but that's not exactly true.

HFMC has been invited to record for free in a new studio in Uppsala and of course we couldn't turn down such an offer. To make a long story short, Kjell Sandberg - the owner was once in the music business. He ran his own label/studio called Soundfront who was under the wings of Roadrunner, where he recorded lots of metal bands some 20 years ago. Well after a while he changed career but now his longing to produce music got so big he built a studio that got "completed" 2 weeks ago. Anyway, he contacted HFMC manager Johnny Taxén telling him he wanted us to try it out and here we are, 5 happy guinea pigs (=försökskanin, strange translation!) helping Kjell to try out all the different michrophones, amps, well everything the studio has to offer really.

The plan with this is to use the result on the "No Place Like Home" DVD. To make it work within the concept of a Live DVD, we've promised ourselves no overdubbs. It'll be the band playing an unreleased song live in the studio. To me this will make the product both better and more interresting.

About the recording of the follow up to HFMC. We are still working on it, writing songs and rehearsing. If everything works out the way I hope we're going into the studio before this year is over. Enjoy the summer everyone - puss!//Hasse

----------
近頃、僕たちがニューアルバムのレコーディングでスタジオ入りしてる、というコメントや投稿を見かけたけど、それは違うんだよ。

HFMCはUppsalaの新しいスタジオで、無料で録音できるという招待を受けて、勿論僕たちはそんな申し出を断ることはできなかった。話を要約すると、Kjell Sandberg - このオーナーはかつて音楽業界にいたんだ。彼はSoundfrontというレーベル/スタジオをRoadrunnerの傘下で運営していて、20年前はたくさんのメタルバンドをレコーディングしていた。その後しばらくして、彼は職を変えたんだけど、今は音楽を作りたいという切望が大きくなってきて、スタジオを建てて2週間前に完成したんだ。とにかく、彼はHFMCのマネージャーJohnny Taxénに連絡を取って、僕たちに試して欲しいって言ってきたんだ。それで僕たちハッピーな5匹の*実験動物(=försökskanin)はここで、様々なマイクとかアンプ、そう、スタジオで実際に提供しなければならないあらゆるものを試して、Kjellの手伝いをしているところなんだ。

「No Place Like Home」DVDに今回の成果を使う計画なんだ。ライブDVDのコンセプトの内で作業するのに、僕たちはオーヴァーダブをしないことを約束したよね。バンドはスタジオで、未発表曲をライブ演奏することになるだろう。僕にとってこれは、作品をより良く、面白くしてくれると思うんだ。

「HFMC」の次の作品のレコーディングについて。僕たちはまだ作業中で、曲を書いてリハーサルをしているところ。もし僕が望むようにすべての事が運んだら、今年が終わる前にはスタジオに入るだろうね。みんな、楽しい夏を - kiss!

*実験動物(=försökskanin) 英語では「ギニーピッグ(モルモット)」と翻訳されてしまうので、Hasseは「変な翻訳だね!」と突っ込んでいる。スウェーデンでは実験動物と言えばウサギ(kanin)らしい。

----------
Kjell Sandbergについて調べてみましたが、ネットでは彼のfacebook以外の情報は見つかりませんでした。ミュージシャンとしても活動していたら、おそらくThe Metal Archivesに引っかかるのではないかと思ったのですけど・・・。しかし、彼が運営していたしていたSoundfront Recordについては、Discogsにカタログが掲載されています。

(Soundfront Records)
https://www.discogs.com/ja/label/67465-Soundfront-Records
(Soundfront Studio)
https://www.discogs.com/ja/label/353687-Soundfront-Studios
(Kjell Sandberg)(同姓同名の人たちが混ざって掲載されている可能性はある)
https://www.discogs.com/ja/artist/1188710-Kjell-Sandberg

彼が手掛けたと確認できた作品の中で、比較的名前が知られていそうなのはCrawlyかなぁ・・・うちにBuckshot O.D.のアルバムがあるはずなのですが、どこかに死蔵されていてクレジットなどを確認できませんでした○| ̄|_。

thanks to THE FLOWER KINGS Fan Club Japan
プロフィール

momodisson

Author:momodisson
変なハードロックと、プログレの端っこが好きです。ビールも好きです。
HP: http://spellboundjp.web.fc2.com/

連絡はHP内にあるメールフォームからお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

click募金
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる